医療・医薬・福祉

世界がん撲滅サミット2021 in OSAKAに第6波予防対策導入決定!

世界がん撲滅サミット2021実行委員会

 この度、『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』では新型コロナウイルスの第6波予防対応として、当日ご来場の方々には1席ずつ空けて着席をお願いする第6波予防対応が導入されることが正式に決定した。


 これはがん患者の皆様に少しでも安心して会場に足を運んでいただくことと、新型コロナウイルスを一刻も早く終息させ、征圧することを目的に行われるものだ。

 これによって当日はマスク着用並びにAI体温検知システム、さらにディスタンス導入が実施されることになる。

 事務局によれば、「ご来場の皆様には恐縮ですが、当日マーキングしたシート以外にお座りいただき、ご覧いただけますと幸いです。どうぞ安心してお越しください」との話だ。
 
大阪国際会議場

 現在、同大会HP(https://cancer-zero.com)で入場エントリーを受け付けており、入場は無料。なお、11月30日(火)がエントリー締め切りとなっているので、お早めに。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)