医療・医薬・福祉 金融

老後2,000万円問題で約49%の人が老後のための行動を始めた?老後2,000万円問題後の貯蓄に対する意識変化について

株式会社Wizleap
~老後2,000万円問題についての意識調査~

ライフプラン相談、保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険の最新トレンドを発信すべく、2019年から2020年にかけての年末年始にユーザーからの調査データを公表します。第2弾として、金融庁の発表を発端とする老後2,000万問題について、インターネットでアンケートを実施いたしました。


ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)編集部では、老後2,000万円問題後の貯蓄に対する国民の意識を調査するため、以下の様な調査を実施しました。

【調査概要:老後2,000万円問題に関する調査】
■調査日 :2019年12月27日 ~2019年12月29日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :1,003名

1.老後2,000万円問題を知っていますか?



ほけんROOM【https://hoken-room.jp/pension/7866】より

調査の結果、91%もの人がこの問題を認知していました。

2.老後に2,000万円必要だと聞いて、何か新しく行動しようと思いますか?

ほけんROOM【https://hoken-room.jp/pension/7866】より

16.43%の方が「行動しようと思う」、32.64%の人が「どちらかと言えば行動しようと思う」と回答しました。

合わせると約49%の人が行動したいと考えていることがわかります。

行動したいと思わなかった人の中には、「すでに行動しているため」と回答しているひとも多くみられました。老後の貯蓄への意識は急速に高まっていると言えそうです。

実際に回答してくださった方の声をご紹介します。

~回答者の声~

ちゃんと家計簿を付けるようにし、毎月の支出と収入がどのくらいあるのか分るようにしました。また貯金も1ヶ月に3万円ずつするようにしました。
20代女性/鹿児島県

少しずつでも貯金。(これまではできるときにという感じでしたが、少しでも毎月貯金に変わりました)
30代女性/東京都

パートタイマーですが、貯金をするために仕事を増やして収入を増やしました。
50代女性/愛知県

まだまだ30代なので、老後のことより今生活していくことがやっとなので、特に行動を取っていません。
30代男性/大阪府

メインバンクで相談し、NISAで少額ずつですが、まずは毎月3000円投資を始めた。
30代女性/北海道


こちらのアンケートについては、以下の記事で詳しく説明しております。ぜひご覧ください。
https://hoken-room.jp/pension/7866

ほけんROOM(https://hoken-room.jp)は、今後も金融・保険・ライフプランに関わる多様なサービスを展開してまいります。

-------------------------------------------------------------------------
【ご取材に関するお問い合わせ】
株式会社Wizleap 広報部
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ606号室
E-MAIL:info@wizleap.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)