美容・健康 出版・アート・カルチャー

現役プロレスラーが初のダイエット本!"食欲おばけ"の倒し方、教えます

合同会社フォルツァ
プロレス×ダイエット格言!正月太り対策に必読の1冊ができました

合同会社Forza(本社:東京都新宿区、代表社員:木村達彦)の代表トレーナー 兼 大日本プロレス所属の現役プロレスラー 吉野達彦が、2020年1月10日、初めての著書『吉野式「空腹睡眠」ダイエット』を発売します。




【巻頭にはプロレス×ダイエット格言】


■インスタで話題!吉野式『空腹睡眠ダイエット』って?
「無理な制限、非効率な運動、根性厳禁!」をテーマにした、吉野提唱のダイエット法です。

"空腹睡眠"と聞くと、「夜食べないで寝るんでしょ?」というイメージも湧きますが、ところがどっこい。力づくのダイエット方法ではなく、独自の食事・筋トレ・メンタルルールで食欲おばけを倒し、睡眠時と空腹時に内臓脂肪がよく燃えるというメカニズムを利用することで、とにかく楽に痩せようというダイエット法なのです。

■情報発信後、成功者続出!
今回の著書は、フォロワー数8万を突破した吉野のダイエットインスタグラムが元になっています。
https://www.instagram.com/forza_fit_channel/

「産後10キロ痩せました!」「別にしんどくないのに、ちゃんと痩せて本当に嬉しい」「筋トレが癖になりました」など、日々たくさんの声を頂いたのが、著書製作のきっかけとなりました。


■著者はトレーナー&プロレスラーの二刀流男子


著者の吉野は、東京都内に7店舗を構えるパーソナルジムオーナー 兼 大日本プロレス 現役プロレスラーとして活動中。

2019年3月には「スイーツ食べ放題のジム」を東京・池袋にオープンし、メディアからの注目を集めました。
参考URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000042845.html

■「吉野式『空腹睡眠ダイエット』」の魅力
5つのメソッドで、ダイエット迷子からの卒業をサポートします


メソッド1:空腹睡眠ダイエットは食事法です!
→何を選んで食べれば「食欲おばけ」にとりつかれず、軽い空腹状態で寝られるかというメソッドを徹底解説。
メソッド2:食欲をコントロールするための宅トレ
メソッド3:ジムはコンビニ感覚で!

→筋トレには、自律神経を整える効果があると言われています。家でもジムでもできるトレーニングメニューを写真付きで掲載しました。
メソッド4:停滞期の過ごし方
→ダイエッターなら経験済みであろう、停滞期。どうすれば停滞期を乗り越え、ゴールにたどり着けるかというメンタルルールの紹介です。
メソッド5:教えて吉野さん!お悩み相談室
→インスタに実際に届いた悩みを吉野が書籍上で解決します。

メソッド1例:「結局、何を食べれば痩せるの?」というど直球の悩みを写真で解決
ダイエット迷子さんあるあるのお悩みNo,1。実際に吉野式で-10kgを達成したダイエッターの食事を写真付きで公開。


メソッド2・3例:筋トレ写真でOKフォームとNGフォームを解説
昨今ブームの宅トレ(ジムには行かず、家でトレーニングすること)。そんな皆さんから寄せられる悩みNo,1は、”筋トレをやっても効きません”。ということで、筋トレのまちがいあるあるを写真でわかりやすく解説しました。


運動嫌いの漫画家がトレーニング体験。読めばモチベーションUP!
「運動って、何…?」な漫画家、蛸山めがねさんが、吉野ジムに突撃体験&漫画でルポ。怒るとプロレスラーに化ける吉野にも注目です。


メソッド5例:インスタで募集した”ダイエット迷子”から届いた悩みを解決
巷に溢れるダイエット情報に振り回されるダイエット女子たちから、直接悩みを集めました。


おまけ:吉野式、痩せる10か条シート付き
本を読むのも面倒くさいというダイエッターさんへ。これさえコツコツ守っておけば、勝手にスルスル痩せる表収録。


■刊行記念トークショー開催決定!
『吉野式「空腹睡眠」ダイエット』刊行記念
吉野達彦さんトークショー&サイン会
2020年2月8日(土)12:30~(開場12:15)
三省堂書店池袋本店 書籍館4階イベントスペース
『Reading Together』
http://ikebukuro.books-sanseido.co.jp/events/5206

<書籍概要>
タイトル 吉野式「空腹睡眠」ダイエット
2020年1月15日 初版第1刷発行
著者 吉野達彦
発行 辰巳出版株式会社
ISBN 978-4-7778-2332-1
定価1,300円
仕様 単行本(ソフトカバー): 160ページ


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)