暮らし 美容・健康

すべての家族に産後ケア!を届けたい。5都道県(北海道・埼玉・千葉・東京・静岡)に新たなインストラクターが誕生します

特定非営利活動法人マドレボニータ
産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題の解決」をめざす認定NPO法人マドレボニータ(東京都渋谷区、共同代表理事 中桐昌子・山本裕子 )では、新たに4名の産後セルフケアインストラクターと、1名のボールエクササイズ指導士がデビューします。 これにより、5都道県に11教室が新規開講し、年間新たに800名近い産後の方に、産後ケアを届けることができる予定です。特にこれまで教室がなかった北海道東部、埼玉県、千葉県での産後ケアの普及が期待できます。




コロナ禍で試行錯誤を繰り返した養成スクール
マドレボニータの養成スクールとは「産後ケア」の必要性をこの社会のすべての人に伝え、産後女性の心と身体に寄り添う、マドレボニータのインストラクターになるためのスクール形式のオンライン講座です。産後のセルフケアの知識と技術を習得するとともに、産後ケアの先駆者であるマドレボニータが大切にしてきたフィロソフィーを共に考察したり、 産後うつ・乳児虐待・夫婦不和など、産後が起点となる社会問題について学びます。



昨年は新型コロナウィルス感染症の影響でやむなく中止となった養成スクールでしたが、これまで対面で行ってきた認定試験や実地研修をオンラインに切り替えるなど、新しい育成カリキュラムを開発し、2年振りに開催。


210日間に及ぶトレーニング期間では、72時間の講義と実践に取り組み、認定試験合格後は、48時間以上の実地研修を積み、晴れてデビューしました。


マドレボニータの産後ケアプログラム


産後セルフケアインストラクターが担当する『産後ケア教室』は、出産した女性の体と心の両面を回復させていくことを目指し、20年以上の月日をかけて作り上げてきたプログラムです。有酸素運動・大人同士のコミュニケーション・産後の体を整えるセルフケアの3つの柱で構成されています。


また、ボールエクササイズ指導士が担当する『産後のバランスボール教室』は、出産した女性を対象に、有酸素運動を行う単発のレッスンです。産後の関節に負担をかけない独自のスタイルで、全身の持久力と筋力を高めます。
2008年の開講からこれまでに、7万人を超える方が受講し、高い評価をいただいています。


新たに11拠点が新設され、さらに受益者は年間800名増えます
5名のインストラクターが、埼玉・千葉・北海道・東京・静岡に新たな教室を開講します。

<産後セルフケアインストラクター>
◆桐原沙織さん(埼玉県戸田市): 産後ケア大宮教室/産後のバランスボール戸田公園教室
https://ameblo.jp/saorikirihara/

◆竹原瑠衣さん(千葉県船橋市): 産後ケア船橋教室・ららぽーと船橋教室/産後のバランスボール船橋教室
https://note.com/ruitakehara

◆平野聡恵さん(北海道北見市): 産後ケア北見教室/産後のバランスボール北見教室
https://ameblo.jp/you-go-girl-fun/

◆宮澤千尋さん(東京都練馬区): 産後ケア大泉学園教室・花小金井教室・和光市教室
https://www.35nobiyaka.com

<ボールエクササイズ指導士>
◆杉村美穂さん(静岡県浜松市): 産後のバランスボール浜松磐田教室
https://msugimura3.wixsite.com/room

長引くコロナ禍でさらに厳しい環境の中、子育てに奮闘されているみなさまに、産後ケアプログラムを届けていくため、弊団体は新たな仲間とともに、引き続き、安全安心な場をご提供してまいります。

**************

■認定NPO法人マドレボニータについて

マドレボニータは、「産後を起点とする社会問題の解決」を目指し、1998年より産前・産後のヘルスケアプログラムの開発・研究・普及に尽力してきたNPO法人です。全国約60箇所で「マドレボニータの産後ケア教室」を開催してきました。2015年より法人向けに「復職支援プログラム」も提供しています。昨年からは新型コロナウイルスの影響により外出が難しい状況下においても、産前・産後の精神的・身体的ケアを届ける方法はないかと試行錯誤を重ね、オンラインでの産後セルフケア教室を開発、展開しています。代表者:中桐 昌子、山本 裕子(共同代表理事)

所在地: 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403
創 立: 1998年9月3日
法人設立: 2008年2月29日(認定取得: 2017年11月16日)
事業内容: 産後ケア教室の開催、指導者の養成・認定、産後に関する調査・啓発
URL  : https://www.madrebonita.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)