食品・飲料 ホテル・レジャー

「第4回ご当地タニタごはんコンテスト」全国大会 11月28日(日)に開催!コンテストトークショーに ぼる塾さんが出演~全国各地の郷土料理を健康的な視点で現代風にアレンジしたレシピコンテスト~

株式会社タニタ
【日時】2021年11月28日(日)13:00~16:00 Youtube Liveにて配信

株式会社タニタなどからなる「ご当地タニタごはんコンテスト実行委員会」(委員長・谷田千里タニタ代表取締役社長)は、日本の食文化の継承や地域活性化などを目的に、本年春より実施している郷土料理のアレンジレシピコンテスト「第4回ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」の全国大会を11月28日(日)に東京・世田谷の二子玉川ライズで開催します。同時に、本大会の模様はオンライン(Youtube Live)で生配信します。また当日は、第4回コンテストのアンバサダーを務めるお笑い芸人の「ぼる塾」さんをお迎えし、トークショーを実施するなど、コンテスト全体を盛り上げていきます。


本コンテストは、日本全国に点在する郷土料理にフォーカス。地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、これをタニタが考える健康的な食事の目安に則ってアレンジしたレシピを全国から募り、審査・表彰するものです。4回目を迎える今回は、書類選考などを通過した15チーム(このうちオンライン参加7チーム)が参加。二子玉川ライズ・iTscom studio & HALLでプレゼンテーションを行い、委員長の服部幸應・服部栄養専門学校校長ら5人の審査員による応募作品の実食を踏まえ、グラプリ、準グランプリを決定します。グランプリに輝いたチームには賞金50万円が授与されるほか、上位入賞作品には株式会社タニタが監修し、商品化に向けた取り組みを実施する予定です。

またトークショーでは、本コンテストのアンバサダーを務めるお笑い芸人の「ぼる塾」さんから、1年間の活動の振り返りや全国大会出場者へのエール、郷土料理にまつわるエピソードなどを披露してもらいます。
「第4回ご当地タニタごはんコンテスト」 アンバサダー 「ぼる塾」さん(右)

この他、本コンテストと連動した企画として、全国の生産者から、野菜、肉、新鮮な魚など自慢の食材や特産品をお取り寄せできる「オンラインマルシェSante!モール」(https://sante.tokyo/)も期間限定で展開しています。

【概要】
日時:2021年11月28日(日)13:00~16:00(予定)
会場:二子玉川ライズ iTSCOM STUDIO & HALL(東京都世田谷区)
ライブ配信視聴方法:Youtube Live(YouTube TANITA official)
ライブURL: http://www.youtube.com/channel/UCMvU45BF5djZfTHt_LRKlyA
公式HP:https://tanitagohan.net/
※コロナウイルス感染症拡大防止のため、関係者以外は会場にお入りいただけません。ライブ配信をご覧ください。


「第4回ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」について

■全国大会出場チーム



※全国大会チームの詳細は本コンテスト公式HP(https://tanitagohan.net/)をご覧ください。

■「ご当地タニタごはんコンテスト」企画意図
全国の郷土料理を「タニタが考える健康的な食事の目安」※に基づき現代風にアレンジし、安全・安心かつ健康的な「食」のソリューションとしてリ・クリエイト。郷土料理の継承とともに、新しい地域の特産品として広く認知・普及させ、地域の活性化に結び付ける。「日本を丸ごと食する」をテーマに予選会および全国大会における外国人などの旅行客を誘致し、これまでにない日本の食文化に触れてもらうきっかけとして当企画を立ち上げました。

※「タニタが考える健康的な食事の目安」とは、地域の調理法や調味料も活かしつつ
1.1食あたり500‐800kcal
2.基本は主食、主菜、副菜とするが、これらの要素が入っていれば一皿でもよい
3.主食(献立全体のごはん、麺、パン)は100‐200gとする
  ※主食は、米であればご飯、麺類であれば茹で後など調理後の重量とする
  ※米や乾麺などを用いる場合は、日本食品標準成分表2020年版(八訂)に記載されている「重量変化率」を元に、食べる時の状態での量とする
   例)米 100g → NG(重量変化率210%のため、食べる時の量は210gとなるため)
    米 70g → OK(重量変化率210%のため、食べる時の量は147gとなるため)
4.主菜(献立全体の肉、魚、大豆製品)は70‐150gとする
5.野菜は150g以上使うこと(きのこ、いも、海藻は含まず)
6.食塩相当量は3.4g以下

■参加資格
1.プロ・アマチュア・企業など問いませんが、3名以下のチーム編成とすること
2.チームメンバーは全員同一都道府県在住とすること
3.チームの中に必ず地元(その都道府県在住)の栄養士もしくは管理栄養士を入れること

■オンラインマルシェ「Sante!モール」(https://sante.tokyo/)について
全国の生産者がそれぞれ自慢の食材を持ち寄るオンラインマルシェ「Sante!モール」。全国の生産者を応援しながら、各地から集まる様々な食材を取り寄せてお楽しみいただけます。タニタなどが主催する「第4回ご当地タニタごはんコンテスト」と連動した企画の一環で、2022年2月末までの期間限定で開設します。


【ご当地タニタごはんコンテスト実行委員会】
株式会社タニタ、株式会社イズム、Office G-Revo株式会社、株式会社JTB、株式会社丹青社、学校法人服部学園 服部栄養専門学校、共同ピーアール株式会社
【後援】公益社団法人日本栄養士会
【協力】特定非営利活動法人NPO日本食育インストラクター協会、一般社団法人全国食の甲子園協会
【協賛】株式会社タニタ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)