美容・健康 スポーツ・アウトドア

アトラスバイオメッドの日本法人アトラス日本合同会社、アスリートの腸活を応援する、『光英科学研究所&T.T彩たまパートナーシッププロジェクト』に参画

アトラス日本合同会社
アトラス腸内フローラ検査キットを活用して、卓球選手の腸内環境とパフォーマンスの関係を分析


パーソナライズドヘルスソリューションを提供する、アトラスバイオメッド(本社:英国 ロンドン、CEO:セルゲイ・ムシエンコ)の子会社であるアトラス日本合同会社(住所:東京都渋谷区、代表者:セルゲイ・ミュシエンコ、以下 アトラスジャパン https://atlasbiomed.co.jp/)は、このたび、埼玉の卓球チーム「T.T彩たま」と株式会社光英科学研究所様が実施するパートナーシッププロジェクトに参加すると発表しました。

「光英科学研究所&T.T彩たまパートナーシッププロジェクト」は、埼玉を拠点とする光英科学研究所が、企業パートナーとして、同県で活動する卓球 T.T彩たまの選手に同社の乳酸菌生産物質「アークフェロンZ(https://koei-science.com/files/PDF/product_af.pdf)」を提供し、選手たちの腸内環境の改善とパフォーマンスの向上を応援するものです。T.T彩たまの卓球選手は乳酸菌生産物質「アークフェロンZ」を摂取するとともに『腸内環境活性プロジェクト』の勉強会に参加して、自分の腸内環境とパフォーマンスの関係に関する知識を高めていきます。

アトラス日本合同会社と株式会社光英科学研究所はともに、それぞれの製品である「アトラス腸内フローラ検査キット」と「乳酸菌生産物質」を通じて人々の健康に貢献すること、そして腸内フローラの多様性について重要と考えています。今回のプロジェクトに参加するにあたり、アトラス日本合同会社は、T.T彩たまの選手に「アトラス腸内フローラ検査キット」を提供し、定期的な検査の実施をサポートします。さらに従来の分析レポートの作成に加えて、同社で初めて、日本のアスリートの腸内細菌とパフォーマンスの関係にフォーカスした「腸内環境検査レポート」を作成し、発表する予定です。



T.T彩たま株式会社について
本社所在地:埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 ロイヤルパインズホテル浦和B1F
代 表 者:代表取締役 柏原 哲郎
事業内容:卓球チームの興行およびチーム運営、卓球スクール運営、およびその他
ウェブサイト https://tleague.jp/team/tt-saitama/

株式会社光英科学研究所について
本社所在地:埼玉県和光市新倉5-1-25
代 表 者:代表取締役社長 小野寺 洋子
事業内容:乳酸菌生産物質の製造・販売、乳酸菌の培養
ウェブサイト https://koei-science.com

アトラスバイオメッド製品および関連サービスについて
「アトラス腸内フローラ検査」
ユーザーの糞便サンプルから微生物遺伝子を解析、解釈、可視化します。この検査でユーザーの腸内フローラの酪酸・ビタミン合成能力、食物繊維の分解能力、腸内フローラの多様性、プロバイオティクスと善⽟菌の状態を評価します。さらに2型糖尿病、クローン病などの5の疾患の発症リスクから腸内フローラがどの程度保護してくれているかを評価します。さらに腸内フローラのタイプを判定し、検査結果を基に、パーソナライズされた食事に関するアドバイスを提供します。

アトラスバイオメッドについて
アトラスバイオメッドは、2016年にイギリスで設立されたパーソナライズドヘルス企業です。遺伝子および腸内フローラ領域の最先端技術と、ユーザーの遺伝子、腸内フローラ、ライフスタイルデータを組み合わせることで、健康状態を多面的に把握します。それらをもとにパーソナライズされたアドバイスを提供し、健康に関する意識向上及びデータに基づいた意思決定を支援できる世界唯一の企業です。アトラスバイオメッドの検査キットは、日本を含む世界16か国で販売されています。アトラスバイオメッドならびに検査キットに関しては https://atlasbiomed.co.jp/ をご参照ください。

アトラス日本合同会社は、東京都が運営するビジネスコンシェルジュ東京(BDCT)を通じてパートナーを募集しています。 詳細は以下をご参照ください。
https://www.startup-support.metro.tokyo.lg.jp/for_foreign/bdc_tokyo/jp/case_studies/26.php
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)