流通 美容・健康

『おうち時間を10倍充実させる最新木のアイテム5選』に“指の付け根”を広げて使うダンベル器具『フィンガーゴリラ』が選出

有限会社内田販売システム
林野庁プロデュース・楽天市場内特設サイト『WOOD CHANGE』で評価

スポーツトレーニング用品・健康用品の企画・開発・製造する有限会社 内田販売システム(本社:岩手県宮古市、代表者:内田広子)は、林野庁プロデュース・楽天市場内特設サイト『WOOD CHANGE』にて、当社が販売する指先を開いてもつダンベルトレーニング器具『フィンガーゴリラ』が『おうち時間を10倍充実させる最新木のアイテム5選』に選出されたことをお知らせします。


■岩手のブナを使用 穴に指先を入れ、指の付け根を広げて使うダンベル『フィンガーゴリラ』




通常、ダンベルは握って持ち、握る力みを活用しアウターマッスルを鍛えます。一方、フィンガーゴリラは“4つのフィンガーホール”に指を入れることで指先や指の付け根を開いた状態でトレーニングをすることができます。指先を開き、握らないことで、指1本1本にウエートを乗せながら指先から上半身のインナーマッスルを鍛えることができます。具体的に、それぞれの指に負荷をかけることで、指からつながる筋肉の深層部(=インナーマッスル)まで刺激することができ、指・手首・腕・肩回りの可動域を広げることが可能です。

グリップ部分は岩手県産広葉樹である強度の高いブナを使って、職人が1本1本手作りしています。おもりは南部鉄器で有名な岩手ならではの鋳物を使用しています。「ブナの硬さを活かした耐久性が、持ち上げるトレーニング機器という特性上重要」と評価され、2017年にウッドデザイン賞を受賞。今回、お家でトレーニングできる手軽さから、『おうち時間を10倍充実させる最新木のアイテム5選』に選出されました。



■『WOOD CHANGE』概要


林野庁では平成17年度から、木材を利用することの意義を広め、国産材利用を拡大していくための国民運動として、「木づかい運動」を展開。木づかい運動によってウッドチェンジを推進していくなかで、今後は若い世代や木材利用に関心の薄い層にも広く浸透させていく施策を進めています。本サイトはそんなウッド·チェンジにつながる具体的行動を促進するため、木を取り入れたライフスタイル提案や理解を深めるコラムを設置した特設サイトです。アカデミックな視点も交え、知的好奇心をくすぐる木の面白さ·奥深さを伝えていきます。


『おうち時間を10倍充実させる最新木のアイテム5選』詳細:
https://event.rakuten.co.jp/area/japan/woodchange/columns2021/column_3/index.html


■フィンガーゴリラ 商品概要
・製造国:日本
・材料:ブナ材、鋳物
・重量:600g、1000g
・販売サイトリンク:https://uchida-power.jp/product/training/finger_gorilla/
・商品のお問い合わせ: 0120-56-5557(フリーダイヤル)

■当社が展開する他の木製のトレーニング器具

指圧らくだ


自重で無理なく背中ストレッチ ラクダのこぶのような大小2つのアーチに背中を乗せ寝転がるだけ。肩・肩甲骨~腰までこれ1つでストレッチと指圧可能


〈商品概要〉
・製造国:日本
・材料:スギ材
・サイズ:全長380mm×幅150mm×高さ63mm
・価格:11,880円(税込)
・販売サイトリンク:http://www.uchida-power.jp/product/training/shiatsurakuda/
・商品のお問い合わせ: 0120-56-5557(フリーダイヤル)

【アーチドクターAQ】


あしぶみするだけの足裏ケア バランス良く立ち整った姿勢での歩行が可能に


〈商品概要〉
2本1組
・製造国:日本
・材料:スギ材
・サイズ:全長500×幅65mm×高さ64mm
・価格:12,980円(税込)
・販売サイトリンク:https://www.uchida-power.jp/product/training/arch_doctor_aq/
・商品のお問い合わせ: 0120-56-5557(フリーダイヤル)

◆会社概要
企業名 :有限会社 内田販売システム
代表者 :取締役 内田広子
本社所在地 :岩手県宮古市刈屋4-1-1
TEL :0193-73-2840
設立 :昭和33年4月(株式会社内田木工)
従業員     :10名(2021年6月時点)
URL :http://www.uchida-power.jp/
事業内容 :スポーツトレーニング用品・健康用品の企画、開発、製造、販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)