美容・健康

「Makuake」売上目標比1,320%を達成した人気商品!本当につらいコリに、15分のケア「ピップ ジースピナー」がお客様の声にお応えして再登場

ピップ株式会社
2021年11月19日(金)より、ピップウエルネス通販にて発売開始

ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、応援購入サービス「Makuake」で2020年10月26日(月)から2021年1月15日(金)の期間中、売上目標比1,320%の記録を達成するなど好評を博した、回転磁気治療器「ピップ ジースピナー」を、2021年11月19日(金)よりピップウエルネス通販で発売開始することをお知らせします。



【ブランドサイトURL】https://pip-zspinner.com/
【ピップウエルネス通販販売ページ】https://shop.pipjapan.co.jp/shop/c/c1030/


製品特長



・首から下の、コリが気になるところ全身どこでも使用できる。

・仕事や家事をしながら、リラックスタイム、一息つきたい休憩中など15分使うだけでいつでもどこでもながらケアが可能。
※電源は15分で自動オフ

・ピップ独自の専用モーターで、160ミリテスラの強力磁石が1分間に5,000回転。
「変動磁場」が発生し、血管を拡張。血流を良くして老廃物を流すことで、コリをほぐす。

・充電式(1.5時間充電で約5回分)で、繰り返し使える。

・専用ケース付き。本体も軽量で持ち運びに便利。

・コリおよび血行改善効果が認められた管理医療機器。




「ピップ ジースピナー」再販の背景

◆「Makuake」にて発売開始わずか4時間で目標金額を達成
磁気治療器のパイオニアとして、人々のコリについて長年向き合ってきたピップ株式会社。その中で、女性は肩コリに悩む人の割合が約7割と高い一方、30~50代を中心とする働き盛りの男性も肩コリ悩みを多く抱えていることがわかりました。特に40代の男性では、パソコン操作やデスクワークをしている「仕事中」に辛いコリを感じていることが明らかとなりました<図1>。

しかし、実際にケアしているシーンについて調べてみると、コリを感じている「仕事中」ではなく「夜」にケアをしている実態が見えてきました<図2>。仕事中は、手を止めてケアする時間が取りにくいことに加え、湿布や塗り薬だとニオイや肌への刺激が気になるなどの理由が考えられます。
そこで、お仕事中にもリラックスタイムにも、いつでも短時間でケアができるよう、長年培ってきたデータや知見をもとに開発したのが「ピップ ジースピナー」です。「ピップ ジースピナー」は、ピップ独自の専用モーターで強力磁石が高速回転することで「変動磁場」が発生。コリのポイントに磁気が深く広く届くことにより、15分使うだけで血行を改善します。また、充電式のため繰り返しご使用いただくことが可能です。さらに、持ち運びに便利なコンパクトサイズのため、仕事や家事の最中、自宅でのリラックスタイムを始め、オフィスや出張先でもお使いいただけます。

2020年10月26日(月)より応援購入サービス「Makuake」にて先行販売を開始し、発売開始わずか4時間で目標金額の100万円を達成。最終的に、売り上げ目標比1,320%の1,320万円に到達する結果となりました。

◆好調の理由
テレワークなどによるおうち時間の増加で肩コリに悩む方が増えたことと、これまでのケアでは満足にコリを解消できず効果を実感できなかった方がいたという背景に加え、手軽かつ短時間で場所を選ばず使用でき、しっかりコリを改善するという点が多くの方のニーズに合致したと考えます。多数のご支援を頂いた反響を受け、ピップウエルネス通販にて、限定商品として再び発売することとなりました。




ピップ ジースピナーの評価

昨年、「Makuake」にて「ピップ ジースピナー」をご購入いただいた方からはご好評の声をいただいています。



※2021年3月20日~4月7日 Makuake購入者アンケートより抜粋


製品概要 管理医療機器






※仕様の一部を予告なく変更する場合があります。

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社お客様相談室
TEL:06-6945-4427

ピップ製品情報ホームページ https://www.pipjapan.co.jp/products/
ピップ ジースピナーブランドサイト https://pip-zspinner.com/
Twitter公式アカウント https://twitter.com/pip_cp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)