医療・医薬・福祉

2025年に向けた「地域医療構想」実現の現状と厚労省施策の方向性【JPIセミナー 2月17日 (月)開催】

株式会社日本計画研究所
再検証要請対象医療機関の公表等

日本計画研究所は、厚生労働省 地域医療構想に関するワーキンググループ 座長 九州大学 名誉教授 尾形 裕也 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。 セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。


〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14885

〔タイトル〕
再検証要請対象医療機関の公表等
2025年に向けた「地域医療構想」実現の現状と厚労省施策の方向性

〔講義概要〕
2025年に向けて、地域の医療・介護提供体制の整備は喫緊の課題である。都道府県は地域医療構想を策定しているが、実際の進捗状況は遅々としており、地域において十分な議論が行われていない。このため、厚生労働省は、2019年9月末に一部の公立・公的病院等について「再検証要請対象」とし、議論の活性化を促した。本講演では、こうした最近の政策動向を整理し、今後の地域医療・介護を展望する。
JPIカンファレンススクエア

〔講義項目〕
1.全体の展望
 (1)超長期展望
 (2)日本の医療提供体制の特色
2.近年の医療・介護政策の動向
3.2025年ビジョン
4.地域医療構想の策定及び推進
5.再検証要請対象医療機関の公表
6.地域医療構想に関する私見
7.新たな介護保険施設の創設
8.補足データ
9.関 連 質 疑 応 答
10.名 刺 交 換 会
 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕
厚生労働省 地域医療構想に関するワーキンググループ 座長 九州大学 名誉教授 尾形 裕也 氏

〔開催日時〕2020年02月17日(月) 13:30 - 15:30

〔会  場〕港区南麻布/JPIカンファレンススクエア https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費1名 : 33,420円 (資料代・消費税込)
 【正規申込1名に付、同社より1名無料同行可(要登録)】
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)

〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14885

≪こちらも要チェック↓↓≫
【1月24日開催】経営強化を目指す病院整備とこれからの病院づくりのノウハウ
https://www.jpi.co.jp/seminar/14845

【2月5日開催】経済産業省:「医工連携事業化推進事業」の進捗と 新年度施策「医工連携イノベーション推進事業」の展開
https://www.jpi.co.jp/seminar/14883



【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  http://www.jpi.co.jp




【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会