医療・医薬・福祉

“ヘルスケア×デジタル” オンラインイベント CHUGAI DIGITAL DAY 2021開催

中外製薬株式会社
ーデジタルがもたらすヘルスケアの未来とはー

 中外製薬株式会社は、各界のトップサイエンティストやビジネスリーダーを講師に迎え、「ヘルスケア×デジタル」のトレンドを紹介するオンラインイベント「CHUGAI DIGITAL DAY 2021」を、2021年11月18日(木)に開催いたしました。


■テーマ「生命・医療の概念を革新する、AI・人工知能」 Q&Aセッションの様子 (左から浜本氏、岡野原氏、進行の中西)


■テーマ「誰ひとり取り残さない未来へ、人の拡張で挑戦する」 クロストークの様子 (左から南澤氏、安藤氏、進行の中西)


■テーマ「ヘルスケア×デジタルが貢献する、未来のWell-being」クロストークの様子 (左から園田氏、福吉氏、石井)


■テーマ「ビジネスで社会課題解決へ、データでつながるマチ・モノ・ヒト」クロストークの様子 (左から志済、横田氏、橋本氏、モデレーターの中村氏)


 当日は、ヘルスケア分野のDXやデータ・AIの活用に興味のある社会人・学生一般参加者約1,700名がオンラインで参加しました。登壇した11名の講師は、AI・深層学習の医療応用、ロボティクス・VR/AR技術による身体機能や感性の拡張、ヘルステック企業と製薬企業が進める医療DX、地域・市民・企業で構築する健康・モビリティサービスなどについて、取組みや事例を紹介しました。また、トークセッションでは「ヘルスケア×デジタル」の未来予想や、業界を超えた共創のかたちについて、参加者からの質問も交えオープンなディスカッションを行いました。
 なお、イベントの模様は12月中旬以降に当社の公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/chugaijp)にて公開予定です。



Science, Technology and Innovation
テーマ 「生命・医療の概念を革新する、AI・人工知能」


「メディカルAIの概要と展望」
浜本 隆二(国立がん研究センター研究所 医療AI研究開発分野・分野長 / 日本メディカルAI学会 代表理事)



「新型コロナ感染症の領域で肺CT画像をAIで解析するなど、医療分野でも、AI搭載機器の実用化が進んでいます。国立がん研究センター研究所では、企業と共同で内視鏡用AI診断医療機器を開発しました。内視鏡医とAIが一体となり検査を行うことで、がんの診断精度の向上を目指しています。さらに今後はがんのステージや転移の可能性、ゲノム情報とのリンクなど、より高度な個別化医療につながることも期待されています。また、受診前の一般の方へも、写真データから疾患を予測し早期発見・早期受診に繋げる『社会啓発』のための研究にも取り組んでいます。」


「深層学習の医療分野への応用」
岡野原 大輔(株式会社Preferred Networks 代表取締役 最高執行責任者)



「これまで深層学習の実用化はデータが入手しやすいウェブ、バーチャルで先行していましたが、今後はさまざまな環境の実世界のデータをシミュレーションで再現できるようになります。Preferred Networksでは、原子スケールで材料の挙動を再現するシミュレータMatlantisを開発しました。医療分野では、個人の健康状態や遺伝子情報等から適した栄養食を提案する実証実験や、中外製薬とAI創薬に関する共同研究を進めるなど、実世界での応用にも積極的に取り組んでいます。イノベーションには、試行回数を増やし、多様性や予想外の成功を活かすことが重要です。」



Beyond the Human
テーマ 「誰ひとり取り残さない未来へ、人の拡張で挑戦する」


「Cybernetic being - 身体とテクノロジーが繋がり人の可能性を拡張できる未来へ」
南澤 孝太(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)



「人の感覚や身体をデジタルネットワークと接続する『身体性メディア』では、人の身体的経験を創造・共有・拡張することを目指しています。視聴覚に加え触覚も伝えるコミュニケーション技術は、体験の共有を可能にし、臨場感だけでなく、離れた人々の共感やつながりを創出します。さらに、身体そのものを空間を超えて伝送するテレイグジスタンス・アバターは、人々の身体の制約を超えた自在な活動の実現に近づいています。人々がお互いの経験や技能を身体を超えて共有し、年齢や障害、デジタルとフィジカルの垣根を超えて自在に活動するCybernetic being社会の実現に向けた研究に取り組んでいます。」


「人も社会もWell-beingな世界を目指したテクノロジーの研究開発」
安藤 健(パナソニック株式会社 ロボティクス推進室 室長)



「搬送ロボットや収穫ロボットなど、作業を自動化し生産性を向上させるロボットを開発してきました。ロボティクスをはじめとしたテクノロジーは人手不足の解消や経済成長だけでなく、『自分でしたい』『自分らしくありたい』という自立性・自己実現や『人と人との繋がり』という社会性の実現にも活用できます。パナソニックAug Labでは、ヒトの感性を解析・理解して幸福度の向上に繋げることを目的に、さまざまなプロトタイプを開発しています。経済的な合理性と個人のQoLの両立を目指し、人も社会もWell-being(良い状態)を作っていこうとしています。」



Digital Health for Well-being
テーマ「ヘルスケア×デジタルが貢献する、未来のWell-being」


「デジタルを活用した新たな治療体験、医療モデルの創造」
園田 愛(株式会社インテグリティ・ヘルスケア 代表取締役社長)



「インテグリティ・ヘルスケアは、疾患管理システム『YaDoc』を全国の医療機関に提供しています。YaDocではオンライン診療の他、疾患ごとに設定された患者が生成するデータを可視化することで、医師が患者の状態を的確に把握できます。医療におけるデジタルの活用は、医療のパーソナライズ化を進め、患者アクセシビリティやアドヒアランス向上、医師の適切な介入支援など、医薬品の価値最大化を図り、治療アウトカム向上に寄与します。インテグリティ・ヘルスケアは、YaDocを通じて新しい治療体験、新しい地域医療モデルを創造してまいります。」


「コモンズによるデータ利活用がもたらす未来」
福吉 潤(株式会社キャンサースキャン 代表取締役社長)



「キャンサースキャンは、早期発見・早期治療が可能となる社会を実現するために、健診受診率向上など全国の自治体で予防医療を促進する事業を展開しています。人々が必要な健診を受け、病気の疑いがあったら早期に受診して治療するなど健康にとって望ましい行動を自発的に選択するよう、『ナッジ』の手法やマーケティングの考え方を取り入れ、人々の行動変容を目指しています。今後は、多くのヘルスケアデータを抱える自治体が、大学や企業などと一体となり『コモンズ』として住民の健康増進を促す取り組みが重要です。」


「製薬企業が目指す個別化医療」
石井 暢也(中外製薬株式会社 プロジェクト・ライフサイクルマネジメントユニット 科学技術情報部長)



「中外製薬は、個々の患者さんに最適なソリューションを創造し、患者アウトカムの最大化を図る高度な個別化医療の実現を目指しています。そのためには、医療のデジタル化による、診断、治療アクセスの環境整備、データを活用した患者さんにとって価値ある情報の提供などが不可欠です。具体的には、電子カルテデータなどリアルワールドデータの利活用、ゲノムを中心としたオミックスデータの解析を進めており、それを支える解析基盤構築やプライバシー保護にも取り組んでいます。」



Digital Ecosystem
テーマ「ビジネスで社会課題解決へ、データでつながるマチ・モノ・ヒト」


「スマートシティによる自立分散社会の実現へ~市民・地域主導によるデジタルイノベーション~」
中村 彰二朗(アクセンチュア株式会社 アクセンチュア・イノベーションセンター福島 センター共同統括マネジング・ディレクター)



「日本のITは一人一人の情報を知るすべがなく、市民への画一的なサービス提供を行ってきましたが、近年多様化する市民ニーズとのミスマッチが顕在化しています。2011年からスマートシティ計画を推進している会津若松市では、スマートシティの次のステップとなる共助型分散社会『スーパーシティ』の実現に向け、地域DXを進めています。市民自らデータ提供に同意・参画していくことで、地域・市民・企業にメリット・納得感がある『三方良し』の社会構築が可能になります。」


「ヒト・コミュニティ・マチをつなぐ~市・事業者・住民協働で挑戦する共生型交通meemo~」
横田 美希(オムロンソーシアルソリューションズ株式会社 事業開発統轄本部 コミュニティソリューション事業本部 NEXT事業統括部 プロジェクトリーダー)



「共生とは、まちの遊休資産(人・物・空間)をつなぎ、お互いさまの精神でステークホルダーの課題を連動的に解決して、持続的な地域をつくることです。『meemo(ミーモ)』は、住民同士の送迎と公共交通機関を組み合わせた、移動を促すアプリです。公共交通機関だけでなく、住民ボランティアが担い手になるのが特徴です。交通事業者、自治体、住民が協力し合うことで、住民の利便性向上や交通事業者の担い手不足の解決が期待できます。今後、更にプラットフォームをオープン化し外部パートナーと共創することで、地域での助け合いを拡大していきます。」


「購買データでつながる健康社会」
橋本 孝一(CCCマーケティング株式会社 取締役 IT管掌)



「CCCマーケティングは『UNIQUE DATA, SMALL HAPPY.』をミッションに、7,000万人を超える会員データと、『いつ』『誰が』『何を』『どのくらい』購入したかなどのTカードの購買データを社会にオープンにしながら、社会課題の解決や地域共生につながる取り組みを進めています。その社会課題の一つである健康社会の実現に向け、現在、会員データと購買データから健康リスク予想ができるかを検証する取り組みを進めています。今後は、健康のみならずデータのポテンシャルを高め、データによる共創社会を生活者に体感いただける未来をめざします。」


「中外製薬が目指す四方良しの医療DX:RWDの活用」
志済 聡子(中外製薬株式会社 執行役員 デジタル・IT統轄部門長)



「ヘルスケアにおける様々な課題を解決するためには、健康医療ビッグデータの利活用により、国民・患者さん、医療者、政府・自治体、医薬品企業の全てに『四方良し』の医療を実現する必要があります。その中でDXを成長戦略のキードライバーの1つと位置付ける当社は、主にリアルワールドデータ(RWD)を活用し、研究開発の高度化、製品価値最大化、インサイトビジネスの具現化に取り組んでいます。今後はRWD利活用のエコシステムを、様々なステークホルダーの皆様と一緒に構築していきます。」


CHUGAI DIGITAL VISION 2030について
中外製薬はヘルスケア産業のトップイノベーター像の実現を目指し、新成長戦略「TOP I 2030」を策定し、2つの柱として「世界最高水準の創薬実現」と「先進的事業モデルの構築」を掲げています。そのキードライバーの1つとして、DXを位置付けています。DXの推進にあたっては、「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」において掲げる「デジタル基盤の強化」「すべてのバリューチェーン効率化」「デジタルを活用した革新的な新薬創出」の3つの基本戦略によって、中外製薬のビジネスを変革し、社会を変えるヘルスケアソリューションを提供してまいります。

【ご参考】
CHUGAI DIGITALウェブサイト(https://www.chugai-pharm.co.jp/profile/digital/
CHUGAI DIGITAL公式note(https://note.chugai-pharm.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)