医療・医薬・福祉 美容・健康

イムノセンス、HEALTHCARE x DIGITAL 2021 PITCH COMPETITION において      "HOSPITAL OF THE FUTURE AWARD" を受賞

株式会社イムノセンス
阪大発ベンチャー「株式会社イムノセンス」は、在日米国商工会議所、アストラゼネカ株式会社共催のベンチャーコンテストにおいて、"HOSPITAL OF THE FUTURE AWARD" を受賞しました。


株式会社イムノセンス(本社:大阪府大阪市、代表取締役:杉原宏和、以下 イムノセンス)は、2021年11月11日に都内で開催された在日米国商工会議所(略称:ACCJ、会頭:ジェニファー・ロジャーズ)とアストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム)の共催によるHealthcare x Digital (略称:HxD)2021 Pitch Competition において、"HOSPITAL OF THE FUTURE AWARD" を受賞しました。


当イベントは、医療課題に対する革新的技術を用いた解決策を提案するピッチイベントであり、グローバルなヘルスケア関連企業と最先端のアイディアを持ったテクノロジー企業、起業家、イノベーターを結びつけてオープンイノベーションを創出することを目的としています。

当日はファイナリスト企業4社がそれぞれの取り組みの紹介を行い、当社の提案する「独自技術GLEIA※3を用いた高性能POCT※4機器」はデジタル医療を支えるキーデバイスのひとつとして高い評価を受け、今回の受賞に至りました。

今回の受賞を契機に様々なヘルスケア関連企業とのグローバル連携をさらに深め、当社POCT機器の実用化への取組みを加速させてまいります。

イムノセンスは、独自技術「GLEIA(Gold-Linked Electrochemical Immunoassay)」によって小型・簡便・高精度な新しいPOCT(Point of Care Testing)製品を実現し、「いつでも・だれでも・どこでも医療グレードの迅速検査」を享受できる世界を目指しています。

※1 在日米国商工会議所について
在日米国商工会議所(ACCJ:The American Chamber of Commerce in Japan)は、米国企業40社により1948年に設立された日本最大の外国経済団体の一つです。米国企業の日本における経営者を中心に、現在は600社以上を代表する会員で構成され、東京、名古屋、神戸に事務所を置いています。日米両国政府や経済団体等との協力関係のもと、「日米の経済関係の更なる進展、米国企業および会員活動の支援、そして、日本における国際的なビジネス環境の強化」というミッションの実現に向けた活動を展開しています。
URL: https://www.accj.or.jp/

※2 アストラゼネカ株式会社について
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主にオンコロジー、循環器・腎・代謝疾患、呼吸器・免疫疾患からなるバイオ・医薬品において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。英国ケンブリッジを本拠地として100カ国以上で事業を展開しています。その日本法人であるアストラゼネカ株式会社は、主にオンコロジー、循環器・腎・代謝、および呼吸器・免疫を重点領域として患者様の健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。
URL:
アストラゼネカ https://www.astrazeneca.com または ツイッター @AstraZeneca
アストラゼネカ株式会社 https://www.astrazeneca.co.jp/

※3 イムノセンスの独自技術「GLEIA」について
Gold-Linked Electrochemical Immunoassay(金結合電気化学免疫測定法)」の略。
イムノセンス創業者でもある国立大学法人大阪大学産業科学研究所特任教授 民谷栄一氏
によって開発された免疫測定法。サンドイッチ免疫測定において抗体標識に金ナノ粒子を
用い、その量を電極とポテンショスタットで電気化学的に定量することで、簡便なシステム構成で高い検出感度を実現することができます。

※4 POCTについて
Point Of Care Testing(臨床現場即時検査)の略。
臨床現場において、患者の側で行う検査。他の検査方法と比較して、検査結果を得るまでの時間が短く、患者の診断・治療を迅速に行うことを特徴としています。現在は検査機器・検査薬の進歩により、迅速・簡便に行える検査項目が増加しており、POCT市場が拡大しています。

イムノセンスの概要
会社設立:  2018年1 月
事業内容:  POCT向け免疫センサデバイスの開発
所在地:   本社:大阪府大阪市中央区備後町四丁目1番3号

事業所:   大阪府吹田市山田丘2-1 大阪大学フォトニクスセンター319号
代表取締役: 杉原 宏和
URL:    https://immunosens.com/

以上

【お問い合わせ先】
株式会社イムノセンス
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2—1 大阪大学フォトニクスセンター319号
TEL:06-6105-6224  FAX:06-6105-6224
E-mail:immunosens@immunosens.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)