医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

株式会社Epigeneron と順天堂大学大学院医学研究科ゲノム・再生医療センター、神経変性疾患領域で新規創薬標的創出に関する共同研究を開始

株式会社Epigeneron
株式会社Epigeneronは、順天堂大学大学院医学研究科(ゲノム・再生医療センター・再生医療研究室:赤松和土教授)と、神経変性疾患に対する新規治療薬創製に向けた、創薬標的同定に関する共同研究契約を締結したことをお知らせいたします。





本共同研究では、順天堂大学の赤松和土教授らの研究グループと共同で、iPS細胞と当社の遺伝子座特異的クロマチン免疫沈降法(ChIP)法を用いたマルチオミックス解析を実施いたします。解析結果を元に、神経変性疾患の原因遺伝子の発現制御に関与する生体分子を同定し、新たな治療薬の創出を目指してまいります。

【順天堂大学大学院医学研究科ゲノム・再生医療センター再生医療研究室について】
ゲノム・再生医療センター 再生医療研究室は、2014年に開設された研究室で、iPS細胞技術を用いて神経疾患の新しい治療方法を開発することを目標にしています。神経発生学の知識とiPS細胞技術などの細胞リプログラミング技術を駆使して、将来の再生医療に役立つ細胞の樹立方法や、疾患モデルの研究をしています。詳細は下記のリンクを参照ください。
赤松研究室: https://research-center.juntendo.ac.jp/genome/about/

【株式会社Epigeneronについて】
Epigeneronは、藤井穂高 MD, PhD と藤田敏次 PhD が発明した遺伝子座特異的ChIP法とORNi-PCR法等の産業利用を企図して設立されました。これらのプラットフォーム技術は、従来見出すことが困難だった遺伝子発現制御に関わる創薬ターゲットの探索や、一塩基変異など希少な遺伝子配列の検知などを可能にします。Epigeneronは、エピジェネティック制御やその他の遺伝子発現制御に関わるまったく新しい創薬ターゲットを見出すパイオニアとして、ヘルスケア産業に貢献してゆきます。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社Epigeneron 管理部
電話:03-6661-2764
E-mail: info@epigeneron.com


Epigeneron, Inc. and Center for Genomic and Regenerative Medicine, Juntendo University School of Medicine started a joint research on novel drug target discovery for neurodegenerative diseases.

Epigeneron announced that it has entered into a joint research agreement with Juntendo University School of Medicine (Wado Akamatsu, M.D., Ph.D., Professor, Laboratory for Regenerative Medicine, Center for Genomic and Regenerative Medicine) on drug target discovery to create new therapeutic medicines for neurodegenerative diseases.

Under this collaboration, Akamatsu Laboratory, Juntendo University School of Medicine, and Epigeneron will jointly conduct multi-omics analysis using the locus-specific chromatin Immunoprecipitation (ChIP) for iPS cells. Based on the results of the analysis, Epigeneron and Akamatsu Laboratory aim to identify biomolecules involved in the control of the causative gene of neurodegenerative diseases and create new therapeutic medicine.

About Laboratory of Regenerative Medicine, Center for Genomic and Regenerative Medicine, Juntendo University School of Medicine:
The laboratory of regenerative medicine was opened in 2014 to develop new treatment options for neurogenerative diseases using iPS cell technology. With deep knowledge of neurodevelopment and cell reprogramming technology, such as the iPS cell, the lab members are studying the establishment of cells useful for future regenerative medicine and disease-specific model cells. For more details, please refer to the link below:
Akamatsu Laboratory: https://research-center.juntendo.ac.jp/genome/about/


About Epigeneron
The regulation of gene expression, which includes epigenetic mechanisms, is a growing area of interest for industrial and academic research related to novel drug target discovery.
Epigeneron was founded by Hodaka Fujii, MD, PhD and Toshitsugu Fujita, PhD, to translate their innovative inventions, namely locus-specific ChIP and ORNi-PCR, into industrial applications, such as the exploitation and identification of revolutionary drug targets and detection of rare gene sequences in biological specimens. It is a pioneer in revolutionary drug discovery based on epigenetic and other mechanisms of gene expression regulation with its proprietary technologies and accumulated knowledge. Epigeneron is actively promoting business partnerships with companies in the pharmaceutical, diagnostic, and other industrial areas that would enable them to achieve extensive innovation in drug discovery, diagnostics, and other molecular testing.

Office:
For inquiry: Administration and accounting, Epigeneron, Inc.
Phone: 03-6661-2764
E-mail: info@epigeneron.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)