医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

MITテクノロジーレビュー主催『Innovators Under 35 Japan 2021』に aba CEO 宇井吉美が選出

株式会社aba
最先端技術を支える介護現場との強いつながりを高く評価

株式会社aba(千葉県船橋市 代表取締役:宇井吉美 以下「aba」)は、当社の代表である宇井がMITテクノロジーレビュー[日本版]主催のアワード「Innovators Under 35 Japan 2021」において、未来を創る35歳未満のイノベーターの1人に選出されましたのでお知らせいたします。



「Innovators Under 35」は、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディア部門「MITテクノロジーレビュー」が主催する国際アワードです。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る、独創的で才能ある35才未満の若きイノベーターの発掘を目的とし、過去にはGoogle共同創業者のセルゲイ・ブリン氏、Facebook共同創業者兼会長兼CEOのマーク・ザッカーバーグ氏も受賞するなど、国際的に権威あるアワードとして高く評価されています。

『Innovators Under 35 Japan』はその日本版にあたり、昨年に続く2回目の開催となります。本年度は「コンピューター/電子機器」、「ソフトウェア」、「輸送(宇宙開発)」、「インターネット」、「AI/ロボット工学」、「通信」、「エネルギー/持続可能性」の全7分野において350件を超える国内外の候補者の推薦・応募があり、最終的に15人が受賞者として選出されました。なお、日本版の受賞者は次年度のグローバル版の候補者としてノミネートされます。

12月16日(木)には、東京・日本橋三井ホールにて、受賞者を紹介する「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」が開催され、宇井も登壇する予定です。本イベントの模様はオンラインでも配信されます。

詳細はInnovators Under 35 JapanのWebサイトをご覧ください。
https://events.technologyreview.jp/iu35/


■MITテクノロジーレビューについて
『MITテクノロジーレビュー(MIT Technology Review)』は1899年に米国マサチューセッツ工科大学によって創設された、世界で最も歴史と権威があるテクノロジー誌です。 米国版の読者層は、その8割超がテクノロジー部門の責任者であり、6割が経営層に読まれています。日本版は株式会社KADOKAWAの子会社である株式会社角川アスキー総合研究所が米Technology Review Inc.とのライセンス契約のもと、2016年10月から会員制Webメディアとして運営。2020年からは、紙媒体『MITテクノロジーレビュー[日本版]』も発行しています。
https://www.technologyreview.jp/



■推薦者からのコメント


Mistletoe Japan合同会社 Founder
孫 泰蔵 氏
「これは絶対に応援せんといかん」

宇井さんとの出会いをメディアなどで語る際、私は必ずと言っていいほどこの気持ちを思い出します。

ビジネスコンテストで聞いた宇井さんのプレゼンは、荒削りながら当初から明確ビジョン・課題設定があり、他の審査員の評価も気にならないくらい気に入ってしまい衝撃的で深い感銘を受けました。

それから約10年。より良いプロダクトやサービスづくりのために探究を続けている姿には、僕自身も大いに刺激を受け続けています。受賞おめでとうございます!



千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター・fuRo
Ph.D 国際連携主管
富山 健 氏


MITテクノロジーレビュー Under 35 選定,おめでとう.

生半可ではないあなたの介護テックにかけた情熱とそれを実現していく行動力はついぞお目にかかったことがないレベルですから,まあ当然といえば当然だと思います.
2006年に千葉工大のオープンキャンパスで会って只者ではないと感じてから15年,宇井さんは想像通り様々な伝説を打ち立ててきましたね.

これからも限界という言葉など吹き飛ばす活躍を期待しています.


■代表からのメッセージ


株式会社aba 代表取締役 CEO
宇井 吉美 Yoshimi Wie
この度、MITテクノロジーレビュー『Innovators Under 35 Japan 2021』に選出頂きました。選出されたとご連絡頂いた時、錚々たる審査員の方々にご評価頂けたこと、大変嬉しく思いました。本当にありがとうございます。
また今回の選考にあたり、推薦者の方々にも、abaと私自身を激励するような心温まる推薦書を頂きました。選考過程含めて今回の選出は、大変感慨深いものとなりました。
今回選定頂いたことを励みとし、引き続き「テクノロジーで、誰もが介護したくなる社会」を目指していこうと思います。引き続き応援どうぞよろしくお願いします。


■株式会社aba 概要
abaは介護という支えあいのフィールドを支える、ケアテックカンパニーです。内閣府調査において介護の負担感NO.1であった排泄という課題に10年以上真摯に向き合い、業界初・においで尿便を検知する排泄センサーを開発しました。体に非装着、便も検知可能な排泄センサーは業界でも珍しく、排泄パターン表が自動作成される仕組みも備えています。人間の本来持つ生命力を引き出せるよう、体温のあるテクノロジーを通じて、必要なときに必要なケアを届けるお手伝いをします。

代表者 :宇井 吉美
所在地 :〒274-0824 千葉県船橋市前原東3-30-5
設立 :2011年10月7日
資本金 :3,111万239円
事業内容 :医療・介護・福祉分野を対象としたロボティクス技術の研究開発及びサービス
お問合せ先:047-494-6823 sales@aba-lab.com
Webサイト:

コーポレートサイト https://www.aba-lab.com
『Helppad』製品サイト https://helppad.jp



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)