美容・健康 流通

世界初!マイクロニードルを発売したコスメディ製薬、高密度・均一化した目元用マイクロニードル「ダーマフィラー プレミア」を新発売。

コスメディ製薬株式会社
おうちで手軽に!美容成分でできた溶ける針で、目元にダイレクト注入* | 2021年11月25日発売 | 

経皮浸透技術を研究するコスメディ製薬(本社:京都府京都市、代表取締役社長:権 英淑)は、自社化粧品ブランド「クオニス(R) 」の目元用マイクロニードル「ダーマフィラー(R)プレミア」を2021年11月25日(木)にリニューアル発売。 針の本数を従来品よりも約2.5倍の高密度(※2)化し、約3,800本(※3)の均一な針でダイレクトに成分を届けます(※4)。さらに目元の“ハリ”強化にこだわり、独自開発した「持続型ヒアルロン酸(※5)」と「立体型ヒアルロン酸(※6)」に加え、レチノール(※7)、レチナール(※7)を配合しています。



▲▲
高密度の針と独自開発の「持続型ヒアルロン酸(※5)」
マイクロニードルで目元の年齢サインに直接アプローチ!
▲▲

針の本数=浸透量!
たっぷりの美容成分でできた針の高密度
(※2)・均一化に成功!



マイクロニードルの密度比較
 コスメディ製薬は、2008年に世界で初めて(※1)マイクロニードル化粧品を上市後、常にマイクロニードルを進化させ続けてきました。
そして今回、高密度(※2)かつ均一化された針を持つ「ダーマフィラー(R)プレミア」を、リニューアル発売。
従来品の針本数の約2.5倍(※2)である約3,800本(※3)のマイクロニードルにより、肌への成分浸透量(※4)を飛躍的に増やすことが可能となりました。


【マイクロニードル化粧品とは】



 溶解型マイクロニードル化粧品は、ヒアルロン酸などの美容成分を目に見えないほどの微細な針状に結晶化したシート状美容液です。塗るだけでは、浸透しにくい成分をマイクロニードルでダイレクトに肌の中(※4)へ届けます。





長さと安定感にすぐれた「富士山ニードル」で刺して注入(※4)




浸透にこだわり緻密に設計された富士山型のマイクロニードル
 コスメディ製薬のマイクロニードルはしっかり肌に刺さるようにとがった「先端」、針が折れないよう安定感をもった「土台」により、日本の最高峰と同じ「富士山型」をしています。


安心して自宅で本格ケアができる最適な長さ
 富士山ニードルは、目に見えないほど微細な針が角質層を超えないぎりぎりのところで留まり、しっかり刺さる長さで設計しています。痛みも感じにくく、自宅で手軽に本格的なケアをすることが可能です。





国内でも有数の企業にしかできない浸透性試験を自社内で実施。
角質層までマイクロニードルが届くことを検証済み。




目元にハリを注入(※4)
持続型
(※5)×立体型(※6)2つのヒアルロン酸でハリキープ力を強化

”ぴん肌“の秘訣はヒアルロン酸
肌の弾力を支えているヒアルロン酸は、1gで6Lの水分を保つといわれています。乾燥によりハリを失った肌にはヒアルロン酸を与えることが大切ですが、粒子が大きいため塗るだけではなかなか肌に浸透しにくいのです。マイクロニードルは、浸透しにくいヒアルロン酸を刺して届けられるため、角質層のすみずみまでしっかり浸透。目元にハリを与えることができます。




通常のヒアルロン酸(※9)と、持続型ヒアルロン酸(※5)の持続力の違いを実験


3時間経過後のヒアルロン酸残存率比較(自社比較)
「通常のヒアルロン酸(※9)」と「持続型ヒアルロン酸(※5)」に対し、それぞれヒアルロン酸を分解する酵素「ヒアルロニダーゼ」を大量に加え、どれくらいヒアルロン酸が分解されずに残るかを実験!

結果、通常のヒアルロン酸(※9)が半分以下に分解されてしまう中、独自開発した「持続型ヒアルロン酸(※5)」は、ほとんど分解されないことがわかりました。ヒアルロン酸の肌内での分解を抑えることにより、肌の保水力を高めハリをキープします。


製薬会社の知見で厳選した複合的な目元の悩みにアプローチする成分を贅沢に配合



ハリを与える成分として知られる「レチノール(※7) 」と「レチナール(※7)を配合



レチノールを超える!?注目の成分「バクチオール(※7)」高いハリ効果で年齢のお悩みにアプローチ


使用方法



STEP1. シートをはがす。
STEP2. 目もとに貼る



商品情報

【販売名】クオニス ダーマフィラープレミア
【価 格】 4回分 ¥8,250
【内容量】1箱(4回分:2枚×4袋)
【販売先】クオニス公式サイト、楽天、アマゾン、ポンパレ 、Qoo10


全成分

スクワラン、(スチレン/イソプレン)コポリマー、水添(スチレン/ブタジエン)コポリマー、水添ポリ(C6-14オレフィン)、トリ水添ロジン酸グリセリル、ヒアルロン酸PEG-8*、ヒアルロン酸Na*、ヒアルロン酸クロスポリマーNa*、レチナール*、レチノール*、バクチオール*、レチノイン酸トコフェリル*、アセチルヘキサペプチド-8*、ニコチンアミドモノヌクレオチド*、ナイアシンアミド*、加水分解コラーゲン*、3-O-エチルアスコルビン酸*、ショウガ根茎エキス*、ペンチレングリコール*、グリセリン*、ヒドロキシアセトフェノン*、リン酸Na*、塩化Na*、リン酸2Na*、カプリリルグリコール*、PEG-60水添ヒマシ油*、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、酢酸トコフェロール、パルミチン酸レチノール、アスタキサンチン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヘマトコッカスプルビアリスエキス、ヒマワリ種子油、コーン油、ナットウガム、トコフェロール**、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル**

*マイクロニードル配合成分
**マイクロニードルとオイルゲル共通配合成分


*角質層まで ※1 公益社団法人日本薬剤学会発行 学会誌「薬剤学」より ※2 自社調べ ※3 1回分あたり ※4 角質層まで ※5 ヒアルロン酸PEG-8(保湿) ※6 ヒアルロン酸クロスポリマーNa(保湿) ※7 整肌成分 ※8 ヒアルロン酸PEG-8、ヒアルロン酸クロスポリマーNa(ハリを与える) ※9 ヒアルロン酸Na(保湿)
※ クオニスおよびダーマフィラーは、コスメディ製薬の登録商標です。

コスメディ製薬について

京都薬科大学における経皮吸収についての基礎研究において培った技術をもとに、経皮吸収型医薬品、化粧品及び粘着テープ、並びに研究用装置を開発する製薬メーカー。大手化粧品メーカーなどからOEM製造を受託すると共に、マイクロニードル技術を応用したオリジナル化粧品ブランド「クオニス(R)」を展開。

名 称:コスメディ製薬株式会社
本 社:〒601-8014 京都市南区東九条河西町32
設 立:2001年5月30日
代表者:代表取締役社長 権 英淑
コーポレートサイト:https://cosmed-pharm.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)