ビジネス・コンサルティング

【無料チェック】 事業再構築補助金、美容室・サロン向けサポートプラン開始

株式会社リアリゼイション
事業再構築補助金申請の美容室・サロン向けサポートプランを開始

これまで100社以上の申請サポート実績のある、株式会社リアリゼイションは、美容室・サロン向けのサポートプランを開始しました。


【無料チェック】 事業再構築補助金、美容室・サロン向けサポートプラン開始

補助額最大1億円の「事業再構築補助金」

新型コロナウイルスの影響で、対面での接客が難しくなった「美容室・サロン」業界。その結果、売上にも大きな影響を受けております。

そこで株式会社リアリゼイションは、幅広い知識と経験をもとに、補助金プロによる「美容室・サロン」向けサポートプランを開始いたしました。

専門性が特に高い「美容室・サロン」。なかなか、自社で補助金を受けるための知識やノウハウがないという事業者様も多く、断念されているのではないでしょうか。

そんな事業者は、ぜひとも「リアリゼイション」の「美容室・サロン」向けのサポートプランをご検討ください。
これまでに培ったノウハウで、補助金のプロが最大限のバックアップをいたします。

まずは「無料チェック」よりご相談ください。

▼「美容室・サロン向けサポートプラン・無料チェック」▼
https://share.hsforms.com/10U_4E7VbQhGzVO08GpfMkQ54lvt

リアリゼイションの事業再構築サポートの特長

弊社の「事業再構築補助金」サポートは、中小企業診断士・行政書士が監督を行う補助金申請のプロによる申請代行サービスです。

過去に「事業再構築補助金」を申請したが不採択となってしまった、どのように申請したらよいかわからない。そんな企業様はぜひともご利用ください。

これまでの実績はもちろん、過去に不採択になった企業の事例や理由を踏まえて申請を行います。

その結果、採択確度が非常に高いサービスとなっています。成功報酬は4.4%~からの業界最安値です。

事業再構築補助金とは?

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなか、日本経済の構造転換を促す目的とし、経済産業省が実施している補助金。補助上限額は最大1億円、補助率は条件によっては3/4という大変魅力的で人気の高い補助金です。

〔活用イメージ〕

・飲食経営店舗が飲食スペースを縮小し、新たにテイクアウト販売を開始。
・飲食経営店舗がオンライン専用の注文ページを構築し、テイクアウトや宅配を開始。
・衣服の店舗販売から、ネット販売形式に転換。
・高齢者向けのデイサービスが一部事業を他者に譲渡し、病院向けの給食を新規に開始。
・音楽教室が室内での密を回避するために、新たにオンライン形式での教室の運営を開始。
・和菓子の製造販売を行っている事業者が、和菓子の製造過程で生成される成分を活用し、新たに化粧品の製造・販売を開始。
・ガソリン販売を行っている事業者が、新規にフィットネスジムなどの運営を開始


シェアサロン 事例 / 株式会社AHL 鶴田政治様





株式会社AHL 鶴田政治 様

都内に数店舗の美容室を経営しているAlushe Hair Design【アルーシェ】以下(AHL)さん。
2008年4月平井店をOPEN。その後、次々と美容室をオープンされています。TOKYO RUNWAYや関西collectionに参加し、人気雑誌『MORE』・『ar』などにも掲載されております。

今回は「シェアサロン」の事業再構築補助金申請を行い、採択されました。
「採択されたので良かった、使える補助金があれば紹介してほしい。」

とのお言葉を頂いております。詳細はこちら
https://hojyokin-concierge.com/2021/11/24/interview-8/

その他の企業事例インタビューはこちらからご覧になれます。
https://hojyokin-reali.com/jigyou/


お客様の工数約「80%」カットに成功通常、ご自身で申請される場合


「書類作成」+「必須書類用意」+「電子申請」などで、最短で考えても約30時間以上はかかります。

当社にお申込み頂ければ「ヒアリング・ミーティング」+「必要書類(一部)」+「完成書類確認」が約4時間で可能です。 一番手間と時間のかかる「書類作成」は全て弊社が行います。

「まだ手がつけられてない……。」
「時間がかかりそう……。」
「実施したいがノウハウがない……。」

様々状況の企業様がいらっしゃいます。
どんな相談でも構いません。一度、お気軽にご相談くださいませ。

▼「無料診断・お問合せはこちら」▼
https://share.hsforms.com/10U_4E7VbQhGzVO08GpfMkQ54lvt
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)