医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

がん診療におけるリアルワールドデータ利活用に資する新たな医療情報基盤システムの運用開始

新医療リアルワールドデータ研究機構株式会社
~自医療機関内および多数の医療機関の治療効果等の統計データを閲覧・分析可能なシステムの開発~

京都大学医学部附属病院(所在地:京都市、病院長:宮本 享、以下『京大病院』)及び新医療リアルワールドデータ研究機構株式会社(本社:京都市、代表取締役社長:是川 幸士、以下『PRiME-R』)は、「がん診療におけるリアルワールドデータ収集に関する多施設共同研究(CONNECT)UMIN000044646」※1(研究代表者:武藤 学 京大病院 腫瘍内科 教授、以下『本研究』)において、新たな医療情報基盤システム(以下、『本システム』)の運用を開始します。


 本システムは、1.電子カルテデータ等のリアルワールドデータ※2(以下『RWD』)を標準化/構造化して管理・統合するシステムであるCyberOncology(R)※3に蓄積された自医療機関内の診療データの集計・図式化やCSV形式へエクスポートを可能とするアプリケーション機能、2.本研究へ参加する各医療機関の診療データから秘匿化した統計データを生成し、異なる電子カルテを利用する多施設の統計データをタイムリーに集計・参照・分析を可能とするデータセンター機能、により構成しています。
 本システムにより、医療機関にとって自医療機関内及び本研究へ参加する医療機関全体の治療内容や有害事象情報等の閲覧・分析が可能となることにより、医療安全や医療技術の向上に資する新たな医療情報基盤の実効性や更なる機能の高度化を研究します。
※1 がん診療におけるリアルワールドデータ収集に関する多施設共同研究(CONNECT)を開始(2021年2月26日):https://prime-r.inc/newsrelease/168/
※2 医療現場から得られる電子カルテデータ、検査データ、治療データ等の臨床情報
※3 電子カルテ等の入力支援システム「CyberOncology(R)」の本格提供開始について(2020年9月28日):https://prime-r.inc/newsrelease/125/

1. 本システム運用開始の背景
 現在の医療がどのように実践され、どのような課題があるかを迅速かつ正確に把握することは困難です。また、医療の進歩はめざましく、医療技術や医療情報も高度化・複雑化していくことから、今後、医療の実態を把握することがますます難しくなると予想されます。
 安全かつ最適な医療を提供するためには、実際の医療現場で得られたRWDを迅速に分析し、医療の現場に還元することが必要です。特に、がんの領域では病状の進行も早く、有害事象などの患者さんの症状を迅速に把握することが困難なため、少しでも早くその変化に気づくことが求められています。
 以上のような課題を解決し、患者さんが安心して医療を受けられる環境を提供するために、RWDを可視化し、医療従事者間の情報共有ができる医療情報基盤の整備を進めることが重要です。
 このような背景のもと、京大病院とPRiME-Rは、電子カルテにおけるがん薬物治療に関するデータを標準化/構造化してデータベース化するCyberOncology(R)を開発・発展させるとともに、多くの医療機関と協力し我が国におけるRWDを迅速かつ効果的に利活用することができる本システムの構築に向け、本研究を推進してきました。
 この度、CyberOncology(R)に蓄積されたデータより、自医療機関内及び本研究へ参加する各医療機関全体のがんの治療内容および有害事象情報等を集計・参照・分析することが可能となる本システムの運用を開始します。

2. 本システムの概要・特長
(1) 本システムの概要
 新たに開発したアプリケーションを利用し、本研究へ参加する各医療機関内に蓄積されたCyberOncology(R)のデータベースから自医療機関内の治療成績や有害事象情報等の診療データを集計・図式化するとともに、CSV形式へエクスポートを可能とすることで、医療機関内での診療データ利活用を促進します。
 また、エッジコンピューティング技術※4を駆使し、各医療機関内において個人を特定できないよう秘匿化した統計データを生成し、各医療機関から高セキュリティネットワークを通じてPRiME-Rのデータセンターへ日次で送信します。データセンターでは、異なるベンダーの電子カルテを利用する多施設から送信された統計データを統合・集計・分析し、各医療機関へ提供します。
※4 利用者や端末と物理的に近い場所に処理装置を分散配置して、データ処理を行う技術の総称

(2) 本システムの特長
 1. 自医療機関内データを自由に集計し閲覧・分析が可能
・がん種、部位、性別、年齢、治療法、治療ライン、治療レジメン、薬剤名、効果判定、有害事象等の分析軸を医療従事者の利用用途に応じて自由に設定し、診療データの集計・図式化が可能となります。
・詳細な集計条件のカスタマイズ設定や分析軸を組み合わせたドリルダウンによる絞り込み集計が可能となります。
・集計・図式化された結果から、自施設の患者さんごとの診療データを逆引きし閲覧が可能です。
・ 集計結果はCSV形式へエクスポートすることができ、医療機関における臨床研究等での更なる利活用が可能となります。
・本機能により、自医療機関内での治療成績の可視化による医療実態の把握や有害事象情報等の可視化による医療安全の向上を支援します。

 2. 本研究へ参加する医療機関全体の統計データを参照・分析が可能
・エッジコンピューティング技術により、各医療機関内において個人を特定できないよう秘匿化した統計データを生成し、各医療機関から高セキュリティネットワークを通じてPRiME-Rのデータセンターへタイムリーに送信します。
・データセンターでは、異なるベンダーの電子カルテを利用する多施設から送信された統計データを統合・集計・分析し、各医療機関へ提供します。
・各医療機関では、本研究へ参加する医療機関全体のがん種、部位、性別、年齢、治療法、治療ライン、薬剤、有害事象等の統計データが参照可能となります。
・各医療機関においては、自医療機関および参加医療機関全体の統計データを参照・分析することで、より最適な治療方針の立案や有害事象情報等の可視化による医療安全の向上に活用できます。

                      本研究のイメージ



                アプリケーション画面イメージ(数値はダミー)


               
               データセンターの統計データイメージ(数値はダミー)






3.今後の展開
 京大病院とPRiME-Rは、本研究の実施にご協力いただく患者さんの個人情報やプライバシーの保護など、個々人の尊厳や倫理を遵守し、医療情報の適正な利活用を担保してまいります。また、本研究により実現をめざす新たな医療情報基盤が多数の医療機関・医療従事者間で利活用されることで、がん領域における医療安全や医療技術の向上に貢献し、よりよい医療を患者さんに提供できるよう取り組んでまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)