インテリア・雑貨 美容・健康

銅繊維のパワーでリスクから身を守る、新時代のビューティーマスク「COPPER FIBER MASK」上陸!

株式会社セーブポイント
12月中旬~公式サイトにて販売開始

株式会社セーブポイント(販売元/東京都世田谷区)及び柳韓堂株式会社(輸入・製造販売元/東京都中央区)は、高純度銅繊維による99.9%以上の抗ウイルス・抗バクテリア・抗菌効果と、銅イオンによる消臭効果のある新たなビューティーマスク「COPPER FIBER MASK」を販売開始いたします。






POINT


高純度な銅繊維による感染対策効果
嬉しい消臭効果・UVカット機能
多様なニーズとサイズに対応したデザイン

銅繊維マスク”6つ”の特徴
1. 銅のパワーによる感染対策効果
COPPER FIBER MASKは、99.9%以上の強力な抗ウイルス、抗バクテリア、抗菌効果があることが確認されています。さらにPM2.5・有害物質や飛沫の遮断により、多くのリスクから身を守ります。



2. 消臭効果
銅イオンによる消臭効果が99%以上あることが確認できています。一般的な布マスクの連続使用による口臭の付着などの嫌な匂いを防ぐことができます



3. 再利用可能で、効果はそのままに長く使用可能
銅繊維マスクは再利用でき、30回洗濯後も抗菌力などの効果が維持されることが確認できています。また、消臭効果により洗濯頻度も少なく、長く使用できます。



4. 高純度銅繊維による様々なメリット
韓国産の高品質な銅原糸を使用しており、安全かつ洗濯時の色落ちもありません。電気伝導試験の結果でも、電気の伝わりやすい高純度な銅繊維であることが確認できています。

銅繊維が0.89um遠赤外線を放出することによる、UVカット効果があります。


銅繊維マスクは防水層、メッシュ層、銅繊維層の3層構造からなり、弾力性・通気性・保湿性を担保しています。




5. サイズ展開と便利な調整機能
サイズは大人から子どもまで対応できるサイズ展開 (L, M, S, XS) で、耳掛け部分はサイズ調整が可能と非常に便利。サイズが合わないストレスがありません。





また、3本のノーズワイヤーによる立体構造でマスク内部に空間ができており、ずり落ちにくく、呼吸しやすい構造です。口紅やファンデーションも付着しにくく、化粧崩れも防止します。







6. オシャレでスタイリッシュなカラーバリエーション
カラーバリエーションは6色展開で、シーズンやファッションに合わせて自分好みのカラーを選択可能です。







専属モデル:シン・ヘソン


プロフィール:YNKエンターテインメント所属の韓国ソウル出身の女優。ウィマストエム・マスク専属モデル。主な作品として、『黄金の私の人生』『30だけど17です』『ただひとつの愛』『秘密の森』『潔白』『華麗なるリベンジ』『エンドレス 繰り返される悪夢』など。


インスタグラム:https://www.instagram.com/shinhs831/
公式サイト:http://ynkent.com/en/shinhaesun





■ お肌に異常が現れた場合、直ちにご使用を中止してください。
■ 100%韓国国内で製造しており、生地から生産、包装まですべて韓国国内で行われます。 安価な商品特有の化学製品のにおいは一切いたしません。


FAQ


Q. 銅の金属臭はしますか?
A. 初めて使用する際には、生地の特性上わずかに銅繊維の匂いがすることがありますが、 すぐにご着用いただいても人体に無害ですので、安心してご使用いただけます。
Q. 毎日洗濯する必要がありますか?
A. 衛生面から鑑み、着用後は洗濯していただく事を推奨させていただいております。
Q. 洗濯すると機能は落ちますか?
A. 30回洗濯しても性能の低下は起こりませんでしたが、マスク自体の生地の耐久性もございますので、適宜お取替えください。
Q. 取扱い(洗濯)方法を教えてください。
A. 洗濯の際は、約30°Cのぬるま湯で中性洗剤を使用し、軽く手洗いしてください。機能性製品のため、一般洗剤や漂白剤の使用はおやめください。また、脱水時に強くねじらないでください。洗濯後は、軽く水気を切り、直射日光の当たらない場所で乾燥させてください。
Q. マスクのアジャスターは耳に当たりますか?
A. アジャスターは耳に直接当たらないようになっています。
Q. 返品・交換はできますか?
A. 開封後は返品及び交換は出来かねますのでご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)