医療・医薬・福祉

[アルファフュージョン株式会社] 難治性甲状腺がんに対するアスタチンを用いた医師主導治験開始のお知らせ

アルファフュージョン株式会社
創薬事業化に向けた共同研究先の大阪大学より発表


難治性甲状腺がんに対するアスタチンを用いた医師主導治験開始のお知らせ

アルファフュージョン株式会社
2021年11月29日 15時00分 配信


アルファフュージョン株式会社(代表取締役:中野貴志、本社:大阪府北区)は、創薬事業化に向けた共同研究先の大阪大学 渡部直史助教(医学系研究科 核医学)が、治験責任医師として、難治性甲状腺がんに対するアスタチン化ナトリウムの医師主導治験を開始することを発表いたします。

本治験概要・背景は、大阪大学発表のこちらのサイトにてご確認ください:
https://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/public-relations/press_release/2021/11/20211125_01


アルファフュージョン株式会社について
アルファフュージョン株式会社は、主に、大阪大学及び科学技術振興機構(JST)産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA QiSS)の成果に基づき、アスタチン(At-211)創薬の社会実装を担うベンチャー企業です。
近年急速に世界的に大きく注目される標的アルファ線核医学治療分野において、日本発のオリジナリティを活かし、本邦の大手加速機器メーカーとも連携して、アスタチン創薬応用の可能性を具体化し、世界水準にて革新的ながん治療プラットフォームの構築を志します。

アスタチンを用いた標的アルファ線核医学治療は、既存のがん創薬とは一線を画し、核物理学・創薬化学・医学生物学の融合がもたらす「マイクロ放射線療法」とも考えられ、これまでにない高い有効性と安全性を有するがん治療となることが期待されています。
アルファフュージョン株式会社は、アスタチン化ナトリウム塩に続き、広く、低分子及び抗体へのアスタチン導入化合物の技術研究及び創薬開発・事業開発を行っております。

アルファフュージョン株式会社は、大阪大学核物理研究センター中野貴志教授を中心に、同大学医学系研究科核医学(渡部直史助教)、同大学院理学研究科(深瀬浩一教授 · 樺山一哉准教授)、同大学放射線科学基盤機構(白神宜史特任准教授、兼田加珠子特任准教授らの指導的研究者を中心に共同研究を進めております。アルファフュージョン株式会社のサイエンティフィック・アドバイザリーボードとしては、慶應大学医学部佐谷秀行教授、公益社団法人日本アイソトープ協会畑澤順専務理事、大阪大学理学研究科篠原厚教授、独デュッセルドルフ大学F.L. Gisel教授、など、世界の第一線で活躍する医学権威の研究者の指導を受けております。

アルファフュージョン株式会社は、令和3年5月に大阪に創業し、バイオヘルスケア特化ベンチャーキャピタルであるD3バイオヘルスケアファンドから約1億円の事業化資金調達を実施しております。

難治性甲状腺がんに対する標的アルファ線核医学治療の医師主導治験について
本治験は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の支援のもと、医薬品医療機器総合機構(PMDA)の対面助言を受けて、大阪大学・医学系研究科渡部助教が進めてきた、本邦初の本格的なアスタチン医薬品のfirst in human治験になります。患者さん・臨床医及びグローバル大手製薬企業等からも注目されております。

治験責任医師:大阪大学医学系研究科 渡部直史助教 コメント
大阪大学で開発を進めてきたシーズが、JST、AMED、理化学研究所からの多大なる支援を受け、医師主導治験までたどり着いたことを大変喜ばしく思っております。今後、本治療の安全性と有効性をしっかりと検証し、医薬品としての承認を目指してまいります。また一刻も早く患者さんの元に届けられるように、アルファフュージョン株式会社との産学連携を進めてまいりました。アスタチンを必要とする全ての患者さんに届けられるように、同社にはグローバルレベルでの事業化に期待しています。


代表取締役 中野貴志 コメント
アルファフュージョン株式会社としては、大阪大学及びQiSSプログラム関係各所にとどまらず、広く、アスタチン創薬の社会実装に真剣に取り組む国内外の研究者と連携して参ります。共同研究等のご相談も是非ともお気軽に頂けますと幸いです。


アルファフュージョン株式会社について




会社名 :アルファフュージョン株式会社
WEB:https://alpha-fusion.com/
設立日: 2021年5月
代表者: 代表取締役 中野貴志
お問い合わせ先: info@alpha-fusion.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)