美容・健康 食品・飲料

「新あさひ豆腐10個入」(旭松食品株式会社) をスーパーフードとして認証しました

一般社団法人国際スーパーフード・アンチエイジング学術機構
一般社団法人国際スーパーフード・アンチエイジング学術機構 (理事長:山口明人 大阪大学名誉教授・薬学博士) は旭松食品株式会社(所在地:大阪市淀川区、社長:木下博隆)の 「新あさひ豆腐10個入」 について、当該食品及びその成分について学術的調査を行い、弊社団の基準をクリアしていることから、2021年11月29日付けでスーパーフード認証しました。



一般社団法人国際スーパーフード・アンチエイジング学術機構 (理事長:山口明人 大阪大学名誉教授・薬学博士 https://www.superfood-science.org/ ) は旭松食品株式会社(所在地:大阪市淀川区、社長:木下博隆 https://www.asahimatsu.co.jp/)の 「新あさひ豆腐10個入」 について、当該食品及びその成分について学術的調査を行い、弊社団の基準をクリアしていることから、2021年11月29日付けでスーパーフード認証しました。

 認証商品名:新あさひ豆腐10個入
 製造・販売者:旭松食品株式会社
 JANコード:4901139140710


認証商品:新あさひ豆腐10個入
凍り豆腐の伝統的なサイズ1枚の重量は16.5 g (87 kcal) であり、この中に、たんぱく質 8.5 g (うち、βーコングリシニン 2.3 g)、鉄1.0 mg、カルシウム 81 mgが含まれます。 さらに、たんぱく質のうち 3.0 g が難消化性のレジスタントプロテインとして含まれます。


レジスタントプロテイン (含有量 3.0 g) (凍り豆腐1個/日)
たんぱく質 (含有量 8.5 g/16.5 g)
鉄 (含有量 1.0 mg/16.5 g )
カルシウム (含有量 81 mg/16.5 g)
β−コングリシニン (含有量 2.3 g) (凍り豆腐1個/日)


認証マーク
【特記】レジスタントプロテインは大豆食品、特に凍り豆腐(高野豆腐)に多く含まれ、コレステロールの代謝を促進する可能性が指摘されています (※1)。β−コングリシニンは大豆に特徴的な成分であり、血中中性脂肪を低下させる働きなどが報告されています(※2)。
※1. 「Evaluation of the effects of freeze-dried soybean curd intake on cholesterol levels using a novel biomarker.」Hasegawa他, Drug. Discov. Ther. 3:143-145, (2009) 他
※2. 「ダイズ大豆β−コングリシニン含有錠菓摂取による血中中性脂肪値高値者の血中中性脂肪値と体組成への影響,および長期・過剰摂取による安全性の検討」 神原啓文 他, 健康・栄養食品研究, 7(1), 105-12. (2004) 他

(一般社団法人国際スーパーフード・アンチエイジング学術機構について)
当法人は、食品素材を学術的な視点から調査・分析し、個別の品目に対して的確な情報を付与することを目的として、「スーパーフード認証」を行っています。「スーパーフード認証」は、食品に対して適格な情報発信、及び普及啓発を促進することで、いわゆる健康食品の正しい理解を助け、また消費者の適切な食事摂取のガイドラインとして役立つことを目的とします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)