美容・健康 医療・医薬・福祉

ミノキシジルよりも毛の伸長を促進する純国産セラミック物質を発見

テイカ製薬株式会社
~薄毛の悩みに朗報! 長期使用により、ミノキシジルよりも伸長 ~


報道関係各位
2021年11月24日
テイカ製薬株式会社

ノキシジルよりも毛の伸長を促進する純国産セラミック物質を発見
~薄毛の悩みに朗報! 長期使用により、ミノキシジルよりも伸長 ~




本件のポイン


DR(ドラッグ・リポジショニング)の手法を応用し、ミノキシジル以上の効果を発揮する候補物質を探索し、「シモンコライト」を発見(特許申請中)
ラットの髭毛包の器官培養法により、5日目以降でミノキシジルよりも毛の伸長を促進することを確認
ナノ粒子化技術により、効果が長く持続しざらつき感や白色の肌残りが生じず安定性にも優れた物質の製造に成功
セラミック物質シモンコライトを利用することで、サステナビリティに配慮した国産製品として製品化を目指す


内容
テイカ製薬株式会社(本社:富山県富山市 代表取締役社長:金岡克己、以下「テイカ製薬」)は、亜鉛イオンの徐放性に優れたシモンコライト*に注目し、ドラッグ・リポジショニング(以下、DR)の手法を応用して、ミノキシジルよりも毛の伸長促進作用があることを発見いたしました。 *JFEミネラル株式会社の開発品 ※現時点ではシモンコライトは医薬品として承認されていません。

テイカ製薬では、これまでも独自の製剤技術により有効成分を別の剤型に変更することで大手製薬会社と共同でDRを行い、点眼剤・軟膏剤の新薬を発売しております。
DRは、原料の新しい効果を発見し、それを別の疾患治療薬として開発することです。既に使われている原料なので、予想外の副作用や体内動態の問題により開発が失敗する可能性が少ない、優れた開発手法になります。
今回は、毛の伸長効果を発揮する物質をテイカ製薬がDRで探索中に、シモンコライトの創傷治癒効果に着目し、ラットの髭毛包の器官培養法で確認したところ、5日目以降でミノキシジルよりも毛の伸長を促進することを発見しました(参考:図1)。

また、微細化技術の研究を進めシモンコライトをナノ粒子化することに成功しました。粒子径150nm~250nmにナノ粒子化することで少ない利用頻度で持続的な効果を高め、ざらつき感や白色の肌残りがなく滑らかな使用感で美容上も優れた状態にすることが出来ました。
シモンコライトは無機物の粉末で、純国産原料になります。テイカ製薬は国内資源を活用しつつ、人々の健康に寄与しサステナブルな社会の発展に貢献するため、製品化の準備を進めています。


参考:図1



テイカ製薬について
1945年の創立以来、「薬都とやま」において常に新しい製品開発、新しい製造技術に挑戦し続けてきました。
2020年には世界基準に対応した医療用点眼剤工場を竣工し、独自技術を有する研究開発型企業として日本発の医薬品を国内・海外30ヵ国以上に提供しています。

社名 : テイカ製薬株式会社 http://www.teika.co.jp/
所在地: 富山県富山市荒川一丁目3番27号
代表者: 金岡 克己
設立 : 1945年(昭和20年)6月1日
資本金: 1億円
従業員数: 男性191名 女性225名 計416名
許可・登録:
医薬品製造販売業許可(一種)(二種)、医薬品製造業許可、医薬部外品製造販売業許可、医薬部外品製造業許可
家庭麻薬製造業許可、医薬品販売業許可、毒物劇物一般販売業登録

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)