医療・医薬・福祉 スポーツ・アウトドア

株式会社ゼンシンがプラットフォーム事業に参入!

株式会社ゼンシン
~障がい福祉業界の質向上と発展を目指す~


株式会社ゼンシンがプラットフォーム事業に参入!
障がい福祉業界の質向上と発展を目指す
https://zenshin-tm.co.jp

株式会社ゼンシン(代表取締役社長:前田忠嗣/以下、ゼンシン)は、障がい福祉業界の質向上と発展を目指し、プラットフォーム事業を展開する。
ゼンシンが運営するアバンツァーレジュニアサッカークラブには、20年を超える運営ノウハウと7度の全国大会出場を実現した指導ノウハウがあります。そのノウハウを活用し、サッカーを通した療育(以下、サッカー療育)を特徴とする、放課後等デイサービス アバンツァーレスポーツを平成26年より開始いたしました。
障がい者福祉事業に株式会社の参入が認められたのが2012年から、今年でちょうど10年になります。まだまだ成熟しない業界で、3年に1度の制度改正など、対応の難しさがあります。また、知識不足から行政の指導を受ける事業者も多く、健全化、適正化が求められる業界です。そこで業界の質向上と発展を目的にプラットフォーム事業を開始します。
適切な事業所運営のための業務の進め方、実地調査における法定書類の整理、人材育成、各種加算の取得等、放課後等デイサービス事業や障がい福祉事業所等を運営する上で困っていることを整理し、提供するためのプラットフォーム事業です。
また、ゼンシンでは、これまでのサッカー療育の実績を基に、「障害児の運動発達と社会性発達との関連性」についての研究を進めています。この研究は、東北大学名誉教授本郷一夫氏の協力のもと、今年の日本発達支援学会の場で発表し、多くの方にご賛同をいただいております。
ゼンシンでは、当社のコンサルティングサービスを受けながら「サッカー療育」を利用し、研究にご協力をいただける放課後等デイサービス事業者を募集しております。アバンツァーレスポーツの取り組みにご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)