その他 医療・医薬・福祉

【Hamamatsu ORI-Project】AI による街の幸福度向上と可視化プロジェクトの実証実験がスタート!

浜松市
カメラとAIで笑顔を検知して寄付に変え、幸福度向上の連鎖を起こす実証プロジェクトです!

浜松市では、「デジタル・スマートシティ浜松」の実現に向けた取組の一環として、 データ連携基盤を活用した実証プロジェクトを全国から公募し、採択したプロジェクト の実施にあたり、総合的な支援を行う「Hamamatsu ORI-Project」を実施しています。 このたび、令和3年度の採択プロジェクトの 1 つである「AI による街の幸福度向上と可視化プロジェクト」の実証実験が下記のとおり開始されました! (参考プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000117.000049248.html)




■実施内容
1、内蔵カメラと AI で笑顔を検知し、回数をカウントする専用アプリ(画像や動画は記録しない)をインストー
  ルしたスマホやタブレットを浜松市内の協力企業の食堂 や休憩室等(マスクを外す場所)に設置。 
笑顔検知の様子

※使用するスマホやタブレットは、Hamamatsu ORI-Project協力スポンサーの KDDI 株式会社及びソフトバンク
  株式会社から無償で貸与されたものです。

2、機材設置の前後に、設置先企業の社員に幸福度に関するアンケートを実施。
3、検知した笑顔の回数×1 円を運営団体が浜松市内の子ども食堂に寄付。

■実施目的
1、浜松市民の幸福度向上
2、「自身の笑顔が寄付につながる」ことによる個人の幸福度の変化に関する検証
3、健康経営と社員幸福度の関係性に関する検証
4、寄付文化の醸成・普及のきっかけづくり

■運営団体
一般社団法人 One Smile Foundation(本プロジェクトの提案団体)
 ●当該団体の公式ウェブサイト:https://1smilefoundation.org/
 ●取組のコンセプトムービー:https://www.youtube.com/watch?v=BmEkUXOW3l4

■実施期間
令和3年 11 月 26 日(金)~ 令和4年2月下旬(予定)

■協力企業
浜松市内で健康経営やウエルネス・ヘルスケアビジネスに積極的に取り組む企業4社に機材設置や幸福度アンケートの実施についてご協力をいただいています。
◆株式会社アミック
 https://www.ammic.co.jp/
◆株式会社ウェルネスパートナー
 https://wellnesspartner.co.jp/company/
◆株式会社玉澤
 https://www.tamazawa029.co.jp/
◆株式会社脳リハビリネットワーク
 https://www.nouriha.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)