医療・医薬・福祉 その他

東員町・株式会社JDSC・明治安田生命グループとの「電力データとAIによるフレイルリスク検知技術と生命保険営業職員の訪問活動を組み合わせたフレイル早期検知・予防スキーム実証」に関する共同研究契約を締結

合同会社ネコリコ

 合同会社ネコリコ(代表社員 中部電力株式会社・職務執行者 木全 英彰、以下「ネコリコ」)は、東員町(町長 水谷 俊郎)、株式会社JDSC(代表取締役 加藤 エルテス 聡志、以下「JDSC」)、明治安田生命保険相互会社四日市支社(支社長 福谷 充広、以下「明治安田生命四日市支社」)および株式会社明治安田総合研究所ヘルスケア・デジタル研究部(取締役執行役員 加藤 大策)と、本日、電力データとAIによるフレイルリスク検知技術と生命保険営業職員の訪問活動を組み合わせることでフレイルを早期検知・予防する、新たなスキームの実証を目的とした共同研究契約を締結しました。

 本共同研究では、高齢者宅の電力データをもとにAIがフレイルリスクや日常生活の変化を検知し、そのレポートを健康増進情報や地域のお役立ち情報と併せ、生命保険営業職員が高齢者宅へお届けします。必要に応じて地域包括支援センターに情報を連携することで、官民一体となってフレイルの早期発見・予防を目指し、フレイルという社会課題の解決とビジネスの持続可能性(注1)の両立を図ります。
(注1)本研究では、生命保険営業職員が高齢者宅を訪問いたしますが、本人からの同意がない限り、保険提案は行いません。

 合同会社ネコリコは、電力データとAIによるフレイルリスク検知に2020年1月から取り組んでまいりました。今後も、フレイル対策をはじめとした地域コミュニティーの課題に寄り添い解決することで社会の発展に貢献してまいります。

■共同研究契約の概要




(ご参考)




【合同会社ネコリコ】
 合同会社ネコリコは、中部電力株式会社と株式会社インターネットイニシアティブの合弁会社として、暮らしを便利で快適にするIoTプラットフォームの提供を目的に2018年4月に設立。現在、みまもりに最適なコミュニケーションロボット「BOCCO emo LTEモデル Powered by ネコリコ」や端末を設置するだけで高齢者をみまもる「まもりこ」などを提供しています。本実証スキームの社会実装に向け、電力データを収集してフレイルリスクを可視化提供するプラットフォームの開発を進めています。

 詳細は、https://www.necolico.co.jp/をご参照ください。

【株式会社JDSC】
 株式会社JDSCは、フレイル検知や物流最適化、需要予測、教育など、基幹産業を中心とした幅広い分野で、一気通貫型の高付加価値なAIソリューションを提供しています。アルゴリズムモジュールの開発とライセンス提供事業、ITシステムの開発と運用事業、データサイエンスに関するビジネスマネジメント事業を行っており、業界全体の課題解決にAIを活用し、日本の産業のアップグレードを目指しています。今回のAIを用いた電力データによるフレイル判定の技術に関しては特許を取得しており、社会実装に向け、開発を進めています。

 詳細は、https://jdsc.ai/ をご参照ください。

【東員町】
 東員町は三重県の北部に位置し、近県の大都市である名古屋市から30km圏内にあり、交通の便も良く暮らしやすい街です。高齢者人口は増加傾向にあり、介護保険制度の持続可能性を維持しながら、高齢者が可能な限り住み慣れた地域でその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことを目指し、民間企業と積極的に提携し、2020年の「AIと電力データを用いたフレイル検知」の実証実験や本実証に取り組んでいます。

 詳細は、https://www.town.toin.lg.jp/ をご参照ください。

【明治安田生命保険相互会社】
 明治安田生命保険相互会社は「確かな安心を、いつまでも」という経営理念を掲げ、相互会社として長期に安定した経営と、お客さま一人ひとりの人生に寄り添うアフターフォローのご提供をめざしております。また、「みんなの健活プロジェクト」「地元の元気プロジェクト」等を通じたお客さまの健康増進や地域社会の活性化に取り組みつつ、環境保全・気候変動への対応などを通じた持続可能な社会の実現へ貢献していきます。

 詳細は、https://www.meijiyasuda.co.jp/ をご参照ください。

【株式会社明治安田総合研究所】
 株式会社明治安田総合研究所は、ヘルスケア領域、先端テクノロジー・ビッグデータ等のデジタル領域、経済領域、生活設計、社会保障等の各分野における基礎調査を行なっています。様々な領域の専門家と協働し、お客さま視点に立った創造的かつクオリティの高い調査研究成果を発信することで、お客さまの価値創造に貢献しています。

 詳細は、https://www.myri.co.jp/ をご参照ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)