医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

嚥下評価の常識を変える「GOKURI」が第2回いばらきイノベーションアワード優秀賞

PLIMES株式会社
いばらきイノベーションアワード実行委員会(事務局:茨城県)主催の「第2回いばらきイノベーションアワード」において、PLIMES株式会社(茨城県つくば市、代表取締役社長 鈴木健嗣)のウェアラブル嚥下計/摂食嚥下モニタリング解析サービス「GOKURI」が優秀賞を受賞しました。高齢者の命に関わる病気に潜む課題を顕在化し解決するサービスを構築した点や地域課題解決への貢献などが高く評価されました。PLIMESでは、12月より嚥下評価の常識を変えるさらなる新サービスの実証を開始します。


【注目ポイント】


GOKURIが「第2回いばらきイノベーションアワード」優秀賞に選ばれました
GOKURIの特徴は、「困っている」を手当てする。やさしい自立支援がベースです
医療福祉現場で困っていた課題を顕在化し、サイエンスの力で解決のツールを作り、導入プロセスとエビデンスを構築しています
評価された点は、高齢者の命に関わる重篤な病に取り組む技術である点、地域医療格差に対する解決策になりうる点の2点です



【詳しく紹介】
いばらきイノベーションアワード
いばらきイノベーションアワードは、茨城県内に主な事業所を持つ企業や個人を対象に、先端技術を活用した革新的な新製品・新サービスを表彰するビジネスコンテストです。今年で第2回目となります。

革新性・独創性があること
汎用性・市場性があること
地域の課題解決に貢献すること
先端技術の社会普及につながること

の審査基準のもと、大賞1件、優秀賞3件が選ばれました。
URL:https://www.pref.ibaraki.jp/sangyo/kagaku/kagaku/20200803.html

ウェアラブル嚥下計/摂食嚥下モニタリング解析サービス「GOKURI」
GOKURIによって、これまでレントゲンで侵襲的にあるいは、専門家の技能に依存していた嚥下評価の常識が変わります。
摂食嚥下では患者様ご本人をはじめ、様々な職種や立場でそれぞれに「困りごと」があります。摂食嚥下機能を簡便にスクリーニングするデバイスの開発を進める中で、これらの様々な「困りごと」の課題が明らかになってきました。それは、端的に言えば、衰えた嚥下機能を回復、維持するステップがとても難しいということです。
そこで、嚥下機能を簡便に評価する、嚥下機能の状態をモニタリングする、リハビリや治療にフィードバックする、といった好循環を維持するために、医療者、介護者、ご家族などどなたでも使えるサービスとして、ウェアラブル嚥下計/摂食嚥下モニタリング解析サービス「GOKURI」を製品化しました。




GOKURIができること


AIによる嚥下、咳の識別
各種センサーによる生体情報のモニタリング
エビデンスに基づいた評価プロトコルによる嚥下機能レベルと食形態の推奨
クラウドによる情報共有

様々な施設、場面でGOKURIをお使いいただくことによって、これまで共有されてこなかった「嚥下」を可視化し共有可能なデジタル情報として医療福祉において活用できるようになります。摂食嚥下機能検査数を飛躍的に向上させること、見過ごされていた兆候や不要な過護を是正し、患者のQOLを高めるとともに医療福祉組織の生産性を向上することを目指しています。
URL:https://www.gokuri.com/



2021年12月より新サービスの実証開始
GOKURIを使って摂食・嚥下障害の臨床的重症度分類に基づいた嚥下機能チェックと適した食形態の推奨を5分で提示するサービスを開始します。ただいま実証に協力いただける、専門科病棟、クリニック、歯科クリニック、介護施設、ナーシングホーム、訪問介護ステーションを募集しています。

実施期間 2021年12月から2022年3月末までの2~3カ月間
料金 データ管理およびクラウドデータサービスとして9万9千円(税込み)
※機器(ネックバンド・端末)は無償で貸与いたします。
継続してご利用いただく場合は特別価格にてご提供いたします。






【PLIMES概要】
商号   :PLIMES株式会社
代表者  :代表取締役社長 鈴木 健嗣
所在地  :〒305-8577 つくば市天王台1-1-1、産学リエゾン共同研究センター棟201室
設立   :2018年4月18日
事業内容 :医療福祉機器およびシステムの研究開発
URL   :https://www.plimes.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
PLIMES株式会社 担当松田 仁田坂
TEL:029-853-5818
E-mail:pr@plimes.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)