広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場-疾患の種類別、パイプライン薬別、地域別、国別の分析:市場の洞察、競争および予測(2022-2030年)

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年11月 22日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10246012


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場は、2022年に122憶米ドルの市場価値から2030年末までに140憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に2%のCAGRで拡大すると予測されます。

成長に影響を与えるマクロ経済指標:

一人当たりの医療費、PPP(米ドル)– 2014-2016年




ソース:WHO

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-invasive-fungal-infection-ifi-market/10246012

HIV / AIDSに苦しむ人口の増加、集中治療室の病院が手術を受けた人のために提供するパイプライン薬と施設の発見と進歩、化学療法の急増と広域抗生物質の使用の増加と世界的な経済成長は、侵襲性真菌感染症市場の成長を加速させると予測されます。

高度な医薬品の導入は、免疫患者の健康を直接改善し、患者の平均余命を延ばすため、建設的であることがすでに証明されています。侵襲性真菌感染症市場は、主に低コストのパイプライン製品の需要が急増しているため、将来的に成長すると推定されています。真菌をさまざまな薬に耐性にする広域抗生物質の使用の増加は、市場の成長を促進するもう一つ市場成長要因です。

世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場の調査レポートには、ヘルスケア業界における技術進歩の成長率に起因する可能性がある市場の成長に関する詳細な分析が含まれています。その結果、多数の健康問題の検出、予防、および治療が改善されました。一方、特に高所得国での医療への支出の増加は、市場の成長を促進している注目すべき要因の一つです。WHO(世界保健機関)によると、低所得国での医療費は2017年の一人当たり41米ドルでした、一方で高所得国の医療費は同じ年に2,937米ドルでした。

主要なターゲットオーディエンス

•製薬会社

•コンサルティングおよびアドバイザリー会社

•開業医

•規制当局

世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場のセグメンテーション洞察
世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場は、疾患別(カンジダ血症および侵襲性カンジダ症、腹腔内カンジダ症(カンジダ腹膜炎)、クリプトコッカス性髄膜炎、播種性組織形質症、急性肺組織形質症、侵襲性アスペルギルス症、侵襲性副鼻腔炎、ムコール症、ニューモシスチス肺炎)、地域別、国別などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

CMS(Centers for Medicare and Medicaid Services)の予測によると、2018-2027年の米国の総医療費は、平均5.5%の割合で増加し、2027年までに6兆米ドルに達すると推定されています。この成長は、同じ期間に年間GDPより0.8%速いと予測されています。さらに、0.3%から0.7%の加速された価格上昇により、医師と臨床サービスの支出は2017年の4.2%から2018年には4.9%に増加したと推定されています。これらの要因は予測期間中に市場の成長を牽引すると予測されます。

世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場における主要企業
世界の侵襲性真菌感染症(IFI)市場における業界のリーダーはCidara, Basilea Pharmaceutica, Pfizer, GlaxoSmith Kline, Bayer AG, Abott, Merck & Co., Astellas Pharma Inc., F2G などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10246012

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)