広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

軟部組織(骨・関節・腱)の治療に関する市場規模、2028年に136億4,670万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「軟部組織修復の世界市場予測(2028年まで): COVID-19の影響と市場分析 (製品・アプリケーション・地域別)」(The Insight Partners)の販売を12月3日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1032985-soft-tissue-repair-market-forecast-covid-impact.html




軟部組織の治療に関する市場規模は、2021年の90億3,385万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2028年には136億4,670万米ドルに達すると予測されています。子供、大人、老人の間で軟部組織損傷が増加しています。また、糖尿病の罹患率が高まっているため、高齢者の軟部組織損傷が問題となっています。これらの問題は、スポーツ選手にも多く見られ、早急な治療が必要となります。軟部組織の固定に用いられる器具には、縫合糸、縫合アンカー、干渉ネジなどがあります。また、失われた軟部組織を補うために、合成メッシュ、同種移植片、異種移植片が身体の様々な部位に使用されています。スポーツ傷害、整形外科手術および高齢者の増加などの要因が、軟部組織修復市場の成長を促しています。一方、軟部組織修復のための代替手段や認識不足が、市場の成長を妨げています。

スポーツは、青少年の生理的、心理的、社会的な面でメリットがあり、健康状態、自尊心、社会的交流を向上させ、うつ病のリスクを低減させます。しかし、スポーツは、同時に怪我のリスクを伴います。Stanford Children's Health社の推計によると、2019年、米国では、3,000万人の子どもがスポーツやその他のレクリエーション活動に参加しました。また、米国内では毎年、14歳以下の子どものうち、350万人のケガが報告されており、7万5,000人がケガの治療を受けています。また、アフリカでは、年間約2,300万人の青少年がスポーツによる怪我を負いました。このように子供たちのスポーツ参加率の高さに加え怪我が増えていることから、スポーツ関連の怪我への治療の需要が高まっています。

バスケットボールやサッカーなど、接触や衝突を伴うスポーツでは、スポーツ傷害の発生率が高いと言われています。そのため、関節、骨、腱、その他の軟部組織に重度の損傷が生じます。このような怪我は、緊急治療や、外科的処置が必要となります。スポーツ傷害の増加は、軟部組織修復市場の成長を促進しています。

製品別の考察

軟部組織修復市場は、製品別に、固定器具と組織メッシュ・パッチに分けられます。2021年には、組織メッシュ・パッチセグメントが最大シェアを占め、今後も高いCAGRを記録すると考えられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1032985-soft-tissue-repair-market-forecast-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)