広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

世界の低アレルギー性乳児用調製粉乳(CMPA)市場の規模-2022-2030年の予測期間中に9.6%のCAGRで拡大すると予測

Kenneth Research
Kenneth Researchは、世界の低アレルギー性乳児用調製粉乳(CMPA)市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年11月 30日 に発刊しました。これは、世界の低アレルギー性乳児用調製粉乳(CMPA)市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10060173


世界の低アレルギー性乳児用調製粉乳(CMPA)市場は、2022年に294憶米ドルの市場価値から2030年末までに558憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に9.6%のCAGRで拡大すると予測されます。

低アレルギー性乳児用調製粉乳は、乳児のアレルギーの治療と予防に役立つために使用され、子供に投与することもあります。低アレルギー性乳児用調製粉乳は、通常、牛乳から作られ、その後処理されます。これにより、乳児は牛乳にアレルギーがある場合でも、アレルギー反応を起こすことなく摂取できます。低アレルギー性乳児用調製粉乳は、母乳で育てられておらず、補足の調製粉乳が必要な乳児にも役立ちます。市場には、あらゆる種類の離乳食から乳児用調製粉乳まで、幅広い製品が含まれています。これらの製品の需要は、主に米国、英国、日本などの人気のある市場で見られます。業界の成長は、消費者の継続的な流入と女性の労働力の増加から恩恵を受けています。

低アレルギー性乳児用調製粉乳(CMPA市場)市場を推進している要因は、人口の増加と可処分所得の増加です。低アレルギー性乳児用調製粉乳市場の成長を抑制している要因には、認識の欠如、およびグローバルレベルで利用可能な選択肢の欠如が含まれます。

さらに、乳児用調製粉乳のタンパク質成分は、通常、ボトルまたはカップで供給するための粉末または液体溶液から作られています。乳児用調製粉乳には、乳児が必要とする主要栄養素とエネルギーを提供するために必要なタンパク質、炭水化物、脂肪の成分が含まれています。

成分部分としてのタンパク質は、粉末、すぐに使用できる製剤、または他の液体(ミルクなど)と混合される濃縮液体など、さまざまな形で提供されます。ホエイやカゼインなどのさまざまな動物性タンパク質成分を使用して、乳児の代謝や腸のニーズに適した乳児用栄養製品を製造しています。しかし、大豆などの植物性タンパク質は、ガラクトース血症の乳児向けに設計された遺伝性ラクターゼ欠損症製品を生産するためにますます使用されています。今後数年間で全体的な市場の成長に利益をもたらすことが予測されています。

世界の低アレルギー性乳児用調製粉乳(CMPA)市場のセグメンテーション概要




[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-hypoallergenic-infant-formula-cmpa-market-size-and-forecast-to-2025/10060173

ソースによって、業界は牛乳、大豆、タンパク質加水分解物などに分割されています。組成によって、市場は油脂、炭水化物、タンパク質、プレバイオティクス、ビタミン、ミネラルなどに分割されています。アプリケーションによって、市場は標準的な乳児用調製粉乳、成長用ミルク、特殊調製粉乳、およびフォローアップ用調製粉乳に分割されます。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

世界の低アレルギー性乳児用調製粉乳(CMPA)市場におけるキープレイヤー
世界の低アレルギー性乳児用調製粉乳(CMPA)市場における業界のリーダーは、Co-operative Group Limited, AAK AB, Royal Friesland Campina NV, Food Ingredients Co., Ltd., Glanbia plc, BASF SE, Koninklijke DSM NV, Sachsenmilch Leppersdorf GmbH, Chr. Hansen Holdings A / S, Arla Foods, Lactalis Ingredients, Kerry Group plc and Vitablend Nederland BV USA and Canadaなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

北米は重要な市場シェアを占めており、予測期間中に大幅に成長すると予想されます。この地域は、増大する需要を満たすための優れた地域市場です。標準的な乳児用調製粉乳は、ドイツ市場で最も有望な応用分野の1つになると予測されています。この国は、ヨーロッパでこれらの製剤の2番目に大きな生産国であるように思われます。したがって、標準的な乳児用調製粉乳市場セグメントは、予測期間中にこの製品の大きな需要を促進すると予想されます。

乳児用調製粉乳の需要は、中東、アフリカ、アジア太平洋地域で最も顕著であり、この国の小売業界は急速に拡大しています。外国や西洋のライフスタイルへの露出の増加は、サウジアラビアなどの中東諸国の市場に大きく貢献しています。

世界の低アレルギー性乳児用調製粉乳(CMPA)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10060173

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)