ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

健康観察アプリでメッセージやPDFファイルの共有が可能になり、教職員の業務負担を大幅に軽減!

株式会社リーバー
体温・体調管理機能と出欠席連絡ができる「LEBER for School」にメッセージ機能を追加

株式会社リーバー(茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)は、医療相談アプリ「リーバー」を利用した体温・体調管理機能と出欠席連絡ができる健康観察アプリ「LEBER for School」(リーバー・フォー・スクール)に、体温チェックが未対応な児童・生徒や、欠席者などのカテゴリーを選択して、連絡事項を伝えることができる「メッセージ機能」を追加しました。





■メッセージ機能を追加する背景
リーバーは、「学校の新しい生活様式」に答えるべく、体温・体調の記録および出席・欠席の通知機能を報告できるLEBER for School の導入を促進してきました。また、LEBER for School は、児童・生徒一人ひとりが所属する部活動や学童保育、修学旅行など、複数の所属団体ごとに管理できる「アクティビティ登録機能」を追加するなど、学校現場がLEBER for School のアプリを通して一括で管理できるようシステム開発を行っています。
このたび、新たに「メッセージ機能」を追加することで、体温チェックが未対応な児童・生徒や、欠席者などをカテゴリー別に選択して、連絡事項を伝えられる機能を追加しました。


■メッセージ機能のポイント
1:メッセージ配信時、豊富な検索条件から「カテゴリー」を選択し該当者のみにメッセージ配信ができます
・体温チェックを行っていない「未対応」の人を選択してメッセージを送ることが可能


2:体温・体調チェックの管理のみならず、掲示板としてもご利用可能です。
・メッセージ機能には、文字数の制限がないので伝えたい内容をしっかり記入することが可能
・新しく画像やファイルを添付できる機能が追加され、連絡事項などをアプリ内で送受信できます


3:履歴確認で、配信漏れを防ぎます
・メッセージ機能には、メッセージを配信した日付を絞りこみ、どんな内容を誰に配信したのか一括で閲覧できます



2021年6月省庁より職場や学校等におけるクラスターの大規模化および医療のひっ迫を防ぐ観点から各職場・教育現場での毎日の健康状態を把握するため「健康観察アプリ」の導入を検討したうえで、利用するアプリを選定し、毎日の利用する旨、対策の実施を求めています。

■LEBER for Schoolについて
LEBER for Schoolの利用にあたっては学校側と弊社が利用契約を結び、生徒側(保護者側)は医療相談アプリ・リーバーを通じて登録、学校側(管理者側)は専用の管理システムを利用します。料金は1名11円/月となっており、手頃なコストで生徒の健康管理に貢献し、同時に教職員の集計の手間を大幅に省くことが可能です。教職員が健康観察票など紙で集計する手間を大幅に省くことが可能で、学校全体の体温・体調の状況をグラフなどで確認できます。

■医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」について
24時間365日スマホで医師に相談ができるアプリです。現在300人以上の医師が登録されており、外出自粛等により病院 やクリニックに行きにくい方もアプリを通じて医師に気軽に相談することができます。
一般向け医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」に加えて、教育機関に毎日の検温結果と体調、出⽋席の報告ができる「LEBER for School」(6カ国語対応)、企業向けに検温・体調報告とストレスチェックを組み合わせられる「LEBER for Business」(6カ国語対応)も全国で導入拡大中です。


■株式会社リーバーについて
株式会社リーバー(旧社名AGREE)は2017年2月に遠隔医療相談サービスを行う目的にて創立されました。
私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念に掲げ、すべての人々に適切な医療が行き渡るよう努めています。

〈会社概要〉
会社名:株式会社リーバー
所在地:茨城県つくば市高野1155-2
代表者:伊藤俊一郎
設立:2017年2月
URL:https://www.leber.jp
事業内容:医療相談アプリの企画・開発・運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)