医療・医薬・福祉

世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA成功裏に終了!

世界がん撲滅サミット2021実行委員会

 12月5日(日)午後1時より開催された『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』(https://cancer-zero.com)が関係者、来賓、来場者約1000名を迎えて成功の裡に終了した。


 当日は岸田文雄内閣総理大臣の祝辞動画をはじめ吉村洋文大阪府知事、マークJ.ラテイン教授や政府関係者、厚生労働省医務技監 福島靖正氏、大阪府医師会会長 茂松茂人氏、関西経済連合会会長 松本正義氏、ノーベル賞候補の中村祐輔氏、坂口志文氏ら錚々たるメンバーが参集したほか、熱気ある公開セカンドオピニオン、歴史的意義のある『世界がん撲滅大阪宣言2021』が読み上げられるなど、ひじょうにボルテージの上がるサミットとなった。
大会長 原 丈人 氏

 来場者の1人は「『執念』という中見利男氏の言葉に心を打たれました」、「『頑張るぞ!』という気迫をもらいました」、「『生きる』という黒澤明監督の映画を思い出しました。『執念があれば、勇気や情熱、愛、友情はあとから着いてくる』という中見さんの言葉は我々に執念の大事さを改めて思い出させてくれましたね」など、興奮した口調で感想を話してくれた。
大阪国際会議場
 事務局によると、「皆様のご支援に心より感謝申し上げます。来年もより良いサミットにしていくために鋭意努力して参ります」ということだ。

 最初に大阪で蒔かれたがん撲滅の種が、やがて芽を吹き、大きな実りとなる日も近いのではないだろうか。
 次回、サミットにも期待したい。
 来年も引き続き大阪で開催予定とのこと。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)