ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

子世代も親の終活に興味がある(70.8%)。親世代も子どもと終活の話がしたい(76.0%)。では、親子で終活の話が共有できているのは何%?

NTTファイナンス株式会社
子どもから見た親の終活に関する意識調査2021

終活の第一歩を踏み出すサポートツールである終活アプリ『楽クラライフノート』を展開するNTTファイナンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤正三)は、2021年12月に35歳から59歳の男女(以下子世代)を対象とした「親の終活に関する意識調査2021」を実施いたしました。 子ども側の目線で親の終活に対する興味や共有状況を明らかにすることで、親子間でのコミュニケーションを通じて終活を活性化するためのヒントを探りたいと思います。 先日の調査(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000084162.html)では、50歳~80歳の男女(以下親世代)の終活実態を調査。「終活への興味はあるものの実際に終活を行えている人は少ない」という実態に対して、終活の初めの一歩を踏み出すためのアプローチを模索。今回の子世代向け調査の分析におきましても、前回の調査結果を交えてお伝えいたします。


1.親の終活についての興味と話し合い状況


7割強の子世代の人が親の終活に興味を持っているが、終活状況を知っているのは4人に1人しかない。



親の終活について「大変興味が有る」のは16.7%。「少し気になる」も含めて70.8%が親の終活について興味を持っている。



一方で、実際に親の終活状況を知っているのは26%しかいない。(「常に/ある程度共有されている」の合計)
興味はあってもなかなか終活について話が出来ていない状況が見受けられる。



2.親側の終活に関する話し合い希望と実態(親世代調査より)


76%の親世代の人が子どもと終活について話し合いたい希望を持っているが、たまにでも終活の話をする親子は23%しかいない


親世代への調査にて、子どもと終活についての話し合い希望を聞いたところ、76%は話し合いたいという要望を持っていることが分かった。


しかし、子どもと終活についての話し合い経験を問う質問では、「よく話し合う」「たまに話をする」を含めて22.9%しか話し合いはなされていない。



3.親にやっておいて欲しい終活項目と親が実施している終活項目(一部親世代調査より)


親子共にお金に関する事や持ち物の整理に関する終活は重視する傾向にある。子世代側が親にやって欲しいと思いながらも親世代側で実施出来ていないことは、日常生活の中では整理するきっかけを掴みづらい項目に多く見られた。


親の終活に「大変興味が有る」子世代が、親にやっておいて欲しい終活として挙げたのは、1位「口座や金融資産の管理」2位「相続税対策」3位「自宅、持ち物や遺品(デジタルを含む)の整理」となった。親が実施している終活項目としてはお金のことや持ち物の整理、健康管理が上位に来ている。

子世代の希望と親の実施項目で30ポイント以上の差が出たのは「介護時の希望の整理」「親族や知人、関係者のリストの整理」「遺言書作成」。日常の生活を過ごす中では、整理するきっかけを掴みづらい項目において差が出る傾向にあると想定される。


-------
今回の調査では、子世代側も親の終活を気にしており、親世代側も子どもと終活について話し合いたいと思っているのに、実際には話し合いが出来ていない。また、子どもがやっておいて欲しい終活に対して、親世代側が実施できていない”ズレ”が多数存在する。ということが分かりました。

詳細の調査レポートでは「老後資金」「相続」「介護」「健康」「葬儀」の各ジャンルにおいて更に深堀りし、親と終活について話しづらい理由とその打開策について考察いたします。



詳細レポートはコチラ↓↓↓
https://lifenote.ntt-finance.co.jp/report20211208



【調査概要】
調査の方法:WEBアンケート
有効回答数:1093名(男性547名、女性546名)
調査の対象:35~59歳の男女
(35歳~39歳221名、40歳~44歳218名、45歳~49歳218名、50歳~54歳218名、55歳~59歳218名)
調査実施日:2021年12月1日~12月3日
調査主体:NTTファイナンス株式会社

※親側の調査は前回2021年11月実施の下記調査概要と同じとなります。
https://lifenote.ntt-finance.co.jp/report20211128


【楽クラライフノートとは】
終活の第一歩を踏み出すサポートツールである終活アプリとして2021年8月にサービスを開始致しました。
(主な機能)
・老後のお金の管理を簡単にする「資産管理機能」
・項目に入力するだけで完成し更新も容易な「エンディングノート機能」
・終活のお悩みに対する「ご相談窓口」
・終活に必要な知識や情報が満載の「終活コンテンツ」

(終活全般について気になる方はコチラ)
https://lifenote.ntt-finance.co.jp/campaign/12
(簡単な資産管理が特に気になる方はコチラ)
https://lifenote.ntt-finance.co.jp/campaign/11

今回の調査で明らかとなったように、親子間でお互いを気遣っているにもかかわらずなかなか話し合いが出来ていない状況にお役に立てるよう、親子間の共有機能も一層強化していきたいと思います。


【レポート転載時のお願い】
本リリース内容をご掲載いただく際は、
出典「NTTファイナンス株式会社終活に関する実態調査2021」の記載と
本調査レポート(https://lifenote.ntt-finance.co.jp/report20211208)へのリンクをご記載ください。

※詳細データ等やグラフなど必要な場合は下記よりお問い合わせください。

【本件に関するお問い合わせ先】
NTTファイナンス株式会社
ビリング事業本部 事業企画部
楽クラライフノート担当

下記、問い合わせフォームよりお問合せください
https://contact.bill.ntt-finance.co.jp/form/lifenote_app.html


【自治体・企業の皆様】
高齢者福祉における実証実験、弊社との協業など上記より気軽にご連絡頂けますと幸いです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)