広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

体脂肪低減に向けた治療の市場規模、2027年に179億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「体脂肪減少の世界市場:サービス提供者別(病院&クリニック、メディカルスパ、その他)、ジェンダー別(女性・男性)、施術方法別(外科手術、非外科手術)、地域別展望、産業分析・予測(2021~2027年)」(KBV Research)の販売を12月7日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/kbv1037548-global-body-fat-reduction-market-by-service.html




体脂肪低減に向けた治療の市場規模は、2021~2027年の間CAGR11.9%で成長し、2027年には179億米ドルに達すると予測されています。体脂肪低減とは、体の部位から余分な脂肪を減らしたり取り除いたりする治療法を指します。体重増加の主な原因に、肥満につながる脂肪の蓄積があります。子供や若者、高齢者の肥満は、世界中で急激に増加しており、心疾患、高血圧、糖尿病、コレステロールなど健康問題を発生させます。そのため、体脂肪の低減や体の形を整える施術が盛んに行われており、非侵襲的技術、もしくは外科的技術を用いた施術が行われています。

体脂肪低減市場の成長要因としては、体の輪郭を整える治療の需要の高まり、医療費の増加、肥満人口の増加などが挙げられます。また、不摂生なライフスタイルは肥満の一般的な原因であり、身体活動の低下に加え、喫煙、飲酒、ストレスなどの行動上のリスク要因も、世界的な肥満の増加に大きく影響しています。このような健康被害に対する意識の高まりや、ヘルスケアに対する人々の関心の高まり、ヘルスケア産業への支出の増加などが、市場を牽引する要因となっています。


COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックで、非侵襲性および侵襲性のすべての美容プロセスに対する需要がマイナスの影響を受け、体脂肪減少市場も同様に影響を受けました。政府が渡航禁止や監禁などの様々な規則を課したため、COVID-19以外の医療行為が完全に停止しました。また、体脂肪低減手術は、生死に関わるものではなかったため、多くの病院や診療所でこれらの処置は見送られました。

市場成長の要因

美容整形手術の新たなトレンドと人気

世界中で美容整形の需要が高まっている中、ここ数年、体脂肪を減らす施術や技術の需要が高まっています。人々は、余分な脂肪を取り除き、全体的な外観保つために、これらの施術を選ぶようになりました。さらに、専門家は、余分な脂肪や皮膚を持つ体の特定の部位を改善するために、いくつかの手順を実行します。

消費者の可処分所得の増加

可処分所得の増加により、消費者の多くが様々な贅沢な活動や化粧品を消費し、見た目や外見により多くの時間とエネルギーを費やすようになりました。その結果、体脂肪の低減を含む体の輪郭を整える施術への需要が、ここ2、3年で急激に高まっています。また、美容・エステティック製品の需要も世界的で増加しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/kbv1037548-global-body-fat-reduction-market-by-service.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)