広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

生体吸収性ポリマーの市場規模、2026年に16億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「生体吸収性ポリマーの世界市場 - 2026年までの予測:タイプ別 (PLA、PGA、PLGA、PCL)、用途別 (整形外科用デバイス、ドラッグデリバリー)、地域別」(MarketsandMarkets)の販売を12月7日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1037775-bioresorbable-polymers-market-by-type-polylactic.html




生体吸収性ポリマーの市場規模は、2021年の10億米ドルからCAGR10.0%で成長し、2026年には16億米ドルに達すると予測されています。外科手術の増加、生体適合性の高い医療機器の需要、ドラッグデリバリーアプリケーションでの需要の増加、有利な償還シナリオなどが、同市場の成長を牽引しています。一方、従来のポリマーに比べてコストが高いこと、最小侵襲手術が好まれること、発展途上国での不十分な品質管理などが、同市場の抑制要因となっています。 また、規制基準を満たすために、環境に優しい製品が注目されていることが、市場成長の機会となっています。今後は、医療機器に対する厳しい規制の枠組みと、熟練した人材の不足が、同市場の課題になると思われます。地域別に、北米市場が最大シェアを占めており、APAC(アジア太平洋)は、最も急速に成長している地域です。


COVID-19の生体吸収性ポリマー市場への影響

COVID-19の感染拡大により生体吸収性ポリマー市場は、医療分野からの需要が減少したため、マイナス成長を示しました。APACでは、インド、バングラデシュ、スリランカ、中央アジアなどの南アジア諸国で医療用インプラントの減少が見られ、この地域の需要が低迷しました。APACで最大シェアを占める中国は、パンデミックによる深刻な影響を受けましたが、封鎖期間を経て、市場は回復の兆しを見せています。その他の発展途上国も、大規模なワクチン接種活動の展開後、2021年には生体吸収性ポリマー市場の成長が加速しています。

牽引要因:生体適合性の高い医療機器の需要拡大

生体吸収性ポリマーは、ステント、縫合糸、支柱など、手術後に体内に埋め込まれる医療素材用途に広く使用されています。また、体内での薬物放出を制御するインプラントとしても使用されています。患者の臓器が回復すると、生体吸収性ポリマーは徐々に溶解し始め、その機能が果たされた後には完全に体内に吸収されるので、患者はインプラントを除去するために再度手術をする必要はありません。そのため、費用対効果が高く、患者に優しい治療法となっています。消費者の健康意識は高まっており、健康に悪影響を及ぼす不必要な薬や医療処置は選択されない傾向があります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1037775-bioresorbable-polymers-market-by-type-polylactic.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)