医療・医薬・福祉

METRICA、在宅透析のAIモニタリングツール「PD Doctor’s Eye」汎用バージョンを上市

METRICA
在宅透析を管理するソフトウェアを汎用機器として上市

「医療の常識をアップデートしよう。」をミッションに掲げるMETRICA株式会社は、医師・看護師がPD患者を遠隔で管理するためのモニタリングツール「PD Doctor’s Eye」汎用バージョンを上市しました。


METRICA株式会社では、11月24日にPD Doctor’s Eyeを正式リリースいたしました。
PD Doctor’s Eye (PDドクターズアイ汎用バージョン)は腹膜透析患者が在宅で安心して治療できるオンライン診療情報通信機能を備えたを遠隔管理システムです。
医療従事者が在宅での腹膜透析治療の日常健康データを閲覧・管理することができます。
日本透析医学会、日本腹膜透析医学会、日本急性血液浄化学会他において運用評価をいただいております。詳細は下記リンクのカタログPDFをご覧ください。
PD Doctor's Eye (PDドクターズアイ汎用バージョン)は腹膜透析患者が在宅で安心して治療できるオンライン診療情報を備えた遠隔管理システムです。
医療従事者が在宅での腹膜透析治療の日常健康データを閲覧・管理することができます。


プライベートを確保できるように設計した全身カメラを使用し、ご自宅や遠隔地での透析液交換時の動作情報・スマートフォンを使用した出口部画像・医療機器で測定した健康状態を示す計測値を病院などに転送・保管・閲覧できます。さらに、訪問看護師と医療従事者間でリアルタイムで情報交換できるチャット機能を搭載し遠隔業務の負担を軽減できます。

(当該機器及びプログラムは、利用者への情報提供を目的とした情報通信機器及びプログラムであり、疾病の診断・治療・予防を目的としておりません。)


本サービスについては以下のURLフォームよりお問い合わせください。
https://metrica.me/contact/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)