広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

医薬品ドラッグデリバリーの市場規模、2026年に2兆2,065億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医薬品ドラッグデリバリーの世界市場 - COVID-19の影響、2026年までの予測:投与経路別 (経口、注射型、埋め込み型、シロップ、ジェル、経肺、溶液、錠剤、シリンジ)、適応別 (がん、糖尿病) 、使用施設別 (病院)」(MarketsandMarkets)の販売を12月8日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1037525-pharmaceutical-drug-delivery-market-by-route.html




医薬品ドラッグデリバリーとは、医薬品を安全に投与し、望ましい治療効果を得るための方法またはプロセスのことです。薬物送達技術の進歩は、使いやすさ、利便性、患者のコンプライアンスなど、いくつかの利点をもたらします。医薬品開発者は、医薬品の効率性を高め、患者のコンプライアンス向上を提案するために、適切なデリバリーとパッケージングのオプションに注目しています。製薬会社やバイオ製薬会社は、さまざまな治療用途や薬物送達プラットフォームを開発するために、研究開発に力を入れおり、高品質で革新的な製品を市場に投入することを目的として多額の投資を行っています。

医薬品ドラッグデリバリーの市場規模は、2021年の1兆6,569億米ドルからCAGR5.9%で成長し、2026年には2兆2,065億米ドルに達すると予測されています。ドラッグデリバリー市場の成長は、慢性疾患の有病率の上昇、生物製剤市場の拡大、研究開発投資の増加、技術の進歩と新製品の発売などの要因に大きく起因しています。一方、針刺し事故のリスクや価格圧力の高まりが、今後数年間の市場成長をある程度制限することが予想されます。


COVID-19の医薬品ドラッグデリバリー市場への影響

COVID-19が急速に広まり、恐怖感が高まっていることから、様々なエンドユーザーや患者が医薬品をストックしています。これにより、2020年から2021年にかけて、医薬品ドラッグデリバリー市場の成長が期待されています。多くの企業で、2019年の第1四半期と比較して、2020年の第1四半期に収益の増加が見受けられます。例えば、AbbVie社は、2019年第1四半期と比較して、2020年第1四半期の収益が16.8%増加したと報告しています。同様に、Amgen社は2020年第1四半期に61億6,100万米ドルの収益を計上し、2019年第1四半期と比較して11%の増加となりました。

COVID-19パンデミックで地域の製造拠点がロックダウンや渡航制限を受け、医薬品の製造に使用する機器や原材料が供給不足になりました。しかし、現在は、ロックダウンが解除され、製薬会社の製造・生産が再開され、原材料の取引や輸出が再開されています。パンデミックは多くの課題を残しましたが、一方で、医薬品業界を中心とした医療分野に大きな盛り上がりをもたらしました。IQVIA社のGlobal Use of Medicine 2020レポートによると、世界で医薬品の購入に費やされる金額は、2022年末までに1.4兆米ドルを超えると予想されています。

牽引要因:生物学的製剤市場の成長

企業は、生物製剤製造の可能性を認識し、いくつかの戦略的な開発を行いました。例えば、Evonik社(ドイツ)は、2021年に放出制御型非経口アプリケーションに注力しているSurModics社を買収し、生産能力を高めました。さらにEvonik社は、Boehringer Ingelheim社のRESOMERプラットフォームなどの補完的な技術を買収し、市場での能力を向上させました。バイオ医薬品業界では、新しいクラスの治療薬が登場しており、がんや糖尿病などの疾患分野における治療法に大きな可能性を示しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1037525-pharmaceutical-drug-delivery-market-by-route.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)