医療・医薬・福祉 パソコン

EMシステムズ、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言への賛同を表明

株式会社 EMシステムズ
気候変動に対する情報開示の取り組みを加速


株式会社EMシステムズ(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:國光宏昌、以下「当社」という)
は、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言※への賛同を表明いたしましたことをお知ら
せいたします。
当社は、経営理念に「人と地球の健康に貢献し続けます」を掲げており、
地球環境に関する社会課題を経営上の重要課題の一つと捉え、
これまでも医療・介護/福祉業界における電子化の推進によるCO2削減等、
環境負荷低減のための様々な取り組みを進めてまいりました。

この度の賛同表明を機に、TCFD 提言に基づいた情報開示を積極的に行うとともに、
事業を通じて地球環境の維持・保全に取り組み、持続可能な社会の継続的発展に貢献してまいります。

※TCFDとは、G20 の要請を受け、金融安定理事会(FSB)により、
気候関連の情報開示及び金融機関の対応をどのように行うかを検討するため設立された
「気候関連財務情報開示タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)」を
指します。
TCFD は企業等に対し、気候変動関連リスク及び機会に関する
「ガバナンス」「戦略」「リスク管理」「指標と目標」
の4項目について開示することを推奨しています。

EMシステムズ サステナビリティページ(環境)
https://emsystems.co.jp/sustainability/environment.html

お問い合わせ先
・EMシステムズ 管理本部 総務部
Eメール:ir_press@emsystems.co.jp
ホームページ:https://emsystems.co.jp

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)