医療・医薬・福祉 デジタル製品・家電

『curara(クララ)』レンタル販売開始!!

AssistMotion株式会社
“ロボットとアプリによる歩行トレーニング”~手を引くように、足を進めるトレーニングパートナー~

2021年12月10日(金)、歩行トレーニングロボット「curara」のレンタル販売を開始いたします。


【ご案内】12/10(金)『curara』発売のご案内

2021年12月10日

報道関係各位
AssistMotion株式会社
代表取締役社長 橋本稔

“ロボットとアプリによる歩行トレーニング”
『curara(クララ)』レンタル販売開始
~手を引くように、足を進めるトレーニングパートナー~

いつも大変お世話になっております。
先月は弊社主催の製品発表会を多くの報道各位に取り上げていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。製品発表会でもアナウンスさせていただきましたとおり、本日2021年12月10日、新製品「curara」のレンタル販売を開始いたしました。
このプレスリリースを通じてレンタル販売開始をお伝えするとともに、改めて「curara」についてお伝えさせていただけたらと思っております。

私たちAssistMotion株式会社(http://assistmotion.jp/)は、信州大学発のベンチャー企業です。超高齢化社会の抱える問題を人に優しいロボット技術で解決することを目指しています。高齢者をはじめとした身体動作の不自由な人、作業などで身体に障害を負った人、またはそれを予防したい人に対して、歩行動作を支援する「curara(クララ)」の開発など、歩行補助機器の開発・製造・販売に取り組んでいます。

 2021年12月10日、弊社より新製品としてリリースいたします「curara」は、加齢や事故、病気などによって歩行が難しくなってしまった人のための歩行トレーニングロボットです。


 一般的な歩行アシストロボットとは異なり、本製品は「curara自身が利用者に歩行を教えてくれる」という特徴があります。専用アプリを使うことで、利用者のトレーニング前・後の歩行データを測定したり、利用者別に適切な運動プログラムを提案してそのプログラムの動きをcuraraが自動で行うことができ、導入施設のスタッフ教育の負担を最低限に抑えながら、利用者にとっての「トレーニングパートナー」として歩行機能を取り戻すサポートを行います。
見た目もスリムでスタイリッシュ。圧倒的に軽く、女性でも使いやすいデザインとなっていながら、フルセット(4関節)・ハーフセット(2関節)の2タイプの商品展開により、パワフルな機能が実現できました。
通常10~20kgある大型の外骨格ロボットと違い、3kgを下回る軽量で安価なモデルです。また、サポートする関節を変えることのできる可変構造を採用。これにより、サポートが必要な関節だけをアシストすることが可能となります。
年齢を重ねるたびに、歩くことが辛くなっていってしまう。ただの病気だと思っていたら、前のようには動かない足になっていた。事故に巻き込まれただけなのに、昨日のように歩けませんと言われた。あなたの日々が豊かであるために、歩けることが大切なのだと気づく瞬間があります。またあの日のように、自分の足で歩きたい。その願いを叶えるために、curaraは、ヘルスケアとテクノロジーを用いて、利用者の皆様が未来を自分の足でふたたび歩いていけるために立ち上がりました。



    フルセット(4関節)   ハーフセット(2関節)


プレスリリース用素材は、http://assistmotion.jp/news/press/3783 よりdownload下さい。








◆お問合わせ
AssistMotion株式会社 正村
TEL:0268-75-8124 E-mail:info@assistmotion. jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)