出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

胃痛、胸やけ、酸っぱいものが込み上げる……その理由は?消化器内科の権威がその謎を解明! 『胃は歳をとらない』(三輪洋人・著)、12月17日(金)に集英社新書から発売。 

株式会社集英社
実は、胃はほとんど加齢の影響を受けない臓器である。胃の不調や疲労は、胃そのものの異常によって起こるのではなく、別の原因がある。しかし、胃痛や胸やけなどがおこるのはなぜなのか? 消化器内科の権威がその謎を解明。




【書籍情報】

書名:胃は歳をとらない
発売日:2020年12月17日
著者:三輪洋人(みわ・ひろと)
定価:本体946円 (10%税込)
体裁:新書版
ページ数:240P
ISBN:978-4-08-721197-9
http://shinsho.shueisha.co.jp/


本書では、「機能性ディスペプシア」(検査で異常は見られないが胃痛や胃もたれが続く病気)や、患者数が急増している「逆流性食道炎」、また突然痛む「胃潰瘍」などについて、詳細に解説。適切な治療とセルフケアで、健康不安を解消する情報を網羅。


主な内容

・胃の老化の真の原因を理解することが、胃の健康を取り戻す道。
・30代までにピロリ菌の除菌治療をすると、胃がんは97%防げる。
・胃はピロリ菌を除菌することで若返ることができる。
・検査で異常なしでも「気のせい」ではない。
・2013年に新たな診断名「機能性ディスペプシア」が確立。
・炎症がないのに胸やけや呑酸がある「非びらん性胃食道逆流症」が急増。
・「胃潰瘍」は治る。
・胃潰瘍は、難治性潰瘍以外は良性の病気。
・胃の市販薬の選び方のポイント。


目次

はじめに 胃に悩まされない幸福な日常を
第一章 胃は歳をとらない臓器─―では何が老化をまねくのか
第二章 胃の老化とピロリ菌の関係
第三章 胃もたれがつらいのに異常なし「機能性ディスペプシア」の現実
第四章 胸やけ、胃液こみ上げ、吐き気……逆流性食道炎を治す
第五章 急な胃痛、おう吐……胃潰瘍は治る
第六章 胃不調・胃疲労のセルフケア─―市販薬・食事編
第七章 胃不調・胃疲労のセルフケア─―姿勢・運動・生活動作編
おわりに 健康不安を乗り越える


著者プロフィール

三輪洋人(みわ・ひろと)
1956年 大阪府生まれ。医学博士。兵庫医科大学副学長、同病院副院長・消化器内科 主任教授。日本消化器病学会前理事 ・指導医・専門医、日本内科学会前理事・評議員・指導医、日本消化器内視鏡学会評議員・指導医・専門医、日本消化管学会代議員・胃腸科指導医・専門医、日本神経消化器病学会理事長、アジア神経消化器病学会理事長、日本ヘリコバクター学会理事、日本潰瘍学会理事等。「機能性ディスペプシア」「慢性便秘症」診療ガイドライン作成委員会委員長。「胃食道逆流症」同委員等。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)