医療・医薬・福祉 美容・健康

スマートMI株式会社に社名変更

smartMI
サンテックMI株式会社は12月より社名をスマートMI株式会社に変更します。

電子カルテを中心に多くの医療システムを有するサンテックMI社は、今後Webソフトの開発をメインに進め、介護関連含めた医療情報の共有「MedicalーInformation」とリアルタイム医療の実現を目指し,社名をスマートMI社に変更しました。


今回のスマートMI株式会社に社名変更に合わせて、同社はリアルタイム診療を広めることを目的にします。
私たちの身の回りで以下のようなケースは少なくありません。
・高熱が出ている子供に血液検査をせずに解熱剤の点滴を行い脳炎だった子供の早期診断ができず
 手遅れになってしまう。
・足のももの内側が痛いという訴えに対して、塗り薬を渡されたが、夜間痛みでたまらず大学病院にいき腎炎
 との診断だった。早期の治療で命は助かった
・咳がひどいということで咳止めの薬を渡される。それでも咳ががひどいので訴えたが気のせいだといわれる。
 その後救急車で大学病院に運ばれ急性肺炎の診断で治療を行ったが治療が間に合わず命を失った。
このような場合もし血液検査を早期に行っていればで早期治療は可能だったのではないでしょうか。
一方宇都宮にある総合クリニックでは、リアルタイム診療を実際に対応していて、血液、尿、CT、心電図、
エコーなどの機器をシステム化により30分以内ですべての検査結果を出して、すぐに的確な治療が行われる。また、週に1から2人程度の早期がん、緊急を有する患者を見つけることができている。緊急時にはすぐに市内の中核病院に紹介状を出し命が救われた人も少なくない。

このように今後の医療体制にリアルタイム医療が必要になるのでは、それに向けてスマートMI社はシステムの提供を進めていきます。

このようにリアルタイムを実施するために院内のシステムを一括して同社は導入ができます。
併せて同社の健診システムを連携することによりより大きな早期がんなどの予防につながります。
こういう形で検査のすそ野を広げてこそ地域医療の体制ができるのではないでしょうか。

リアルタイム総合電子カルテで早期診断、早期治療 に貢献できればと同社は低価格での導入を目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)