スポーツ・アウトドア その他

【東京・町田】「町田市ユニカール大会」12月12日(日)初開催〈まちだ〇ごと大作戦18-20〉

町田市役所
陸上で楽しむカーリングで多世代交流

町田市ユニカール協会は、2021年12月12日(日)に町田市立総合体育館サブアリーナで『町田市ユニカール大会』を初めて開催します。試合は観覧自由で、希望の方向けにユニカールを楽しむことができる体験会があります。



ユニカールとは「ユニバーサルカーリング」のことで、平昌オリンピックで一躍注目された「カーリング」競技をいつでも、氷の上でなくても楽しめるようにとスウェーデンで生まれた競技です。

町田市ユニカール協会https://www.facebook.com/unic.machida/)は、2019年4月の発足以来、まだまだなじみの薄い「ユニカール」の普及を通して世代を超えた健康づくりとコミュニティづくりを図ろうと、市内各地の高齢者施設や、鶴川地域の学校、子どもセンター等に赴き、体験会の開催を重ねてきました。

様々なイベントに出展
このほか、藤の台小学校への出張授業や、FC町田ゼルビアのホームゲーム時での体験会をはじめとしたイベントへの出展などを通して多くの方にユニカールを体験していただきました。


FC町田ゼルビアのホームゲーム時での体験会
これまでの活動で、子どもからお年寄りまで、世代を越えて楽しめるニュースポーツだとの体験した方々の多数の声を受けて、今回、町田市大会を初開催します。

この大会では、小学校5年生の2チームと市外の4チームも含め20チームが参加する「一般大会」と、小学校低学年と大人とで構成する4チームが参加する「ジュニア大会」を行います。


町田市ユニカール大会概要



♦開催日時:
2021年12月12日(日)
12時~16時
♦会場:
町田市立総合体育館サブアリーナ
https://www.machida-taiikukan.com/
東京都町田市南成瀬5-12
♦主催:
町田市ユニカール協会
https://www.facebook.com/unic.machida/
※ユニカールの普及並びに振興を図り、障がいのある方や子供から高齢者まで世代を超えた健康づくりとコミュニティづくりを目指して、東京都町田市の鶴川地域から活動を始めた団体。会員数は32名(2021年12月現在)。

まちだ〇ごと大作戦18-20


まちだ〇ごと大作戦18-20ロゴマーク
東京都町田市では、2018年の市制60周年から、東京2020オリンピック・パラリンピックへと続く3ヵ年を、市民と共にまちの魅力や活力を高めていく未来を見据えた3年と捉え、市民が参画することを通じて、自らの地域への愛着や誇りを育むことを目指し、2018年1月からまちだ〇ごと大作戦18-20を実施しています。新型コロナウイルスの終息後に町田市の活力を取り戻すための希望となるよう、実施期間を1年延長し、2021年12月末までとしました。
まちだ〇ごと大作戦は、町田商工会議所や町田市町内会・自治会連合会等、市内の団体で構成されるオール町田体制の「まちだ○ごと大作戦実行委員会(https://machida-marugoto.jp/)」で推進しています。
コンセプトは、「人と人、人と地域団体との新しいつながりから市民や地域団体の考える夢をみんなでカタチにし、次世代へのレガシーを創りあげる交流感動都市まちだへ」です。

■■過去のまちだ〇ごと大作戦実行委員会のプレスリリース一覧■■
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/45542
※現在、まちだ〇ごと大作戦実行委員会からのプレスリリースは本アカウントから行っています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)