美容・健康 ビジネス・コンサルティング

【無料開催ウェビナー】「産業医が秘訣をズバリ解説。afterコロナで組織に欠かせない生産性アップ。勤怠・タスク分析とヘルスケアソリューションで実現するワークエンゲージメントとは?」12/14開催

株式会社メディカルノート
株式会社メディカルノート(東京都港区、代表取締役CEO:梅田 裕真、代表取締役:井上 祥、以下、メディカルノート)は、株式会社エイ・アイ・エス(以下、エイ・アイ・エス)と共同で、2021年12月14日に、経営者・管理部門・管理職者向けウェビナー「産業医が秘訣をズバリ解説。afterコロナで組織に欠かせない生産性アップ。勤怠・タスク分析とヘルスケアソリューションで実現するワークエンゲージメントとは?」を、予防医療の専門家である医師・天野方一先生をお招きし開催いたします。


▼お申込みはこちらから(お申込みサイトに遷移します)
https://www.a-i-s.co.jp/kinta/news_column/p2157/

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う環境の変化に対応できず、心身に不調をきたし、仕事のやる気が低減してしまう人がいるなか、企業には従業員の健康を維持するための新たな対策が求められています。本セミナーでは、現役産業医の天野方一先生に登壇いただき、afterコロナ時代に求められる従業員の健康維持・生産性向上につなげる仕組みを解説いただきます。ぜひご参加ください。


天野方一先生プロフィール

医師/公衆衛生学修士(MPH)/博士(公衆衛生学)
合同会社ActiveHealthLab 代表
帝京大学大学院公衆衛生学研究科非常勤講師、帝京大学ちば総合医療センター第三内科(腎臓内科)非常勤医師、ルサンククリニック非常勤医師など予防医療に特化したメディカルクリニック、および複数企業の嘱託産業医としても勤務中。理念は「日常生活を改善することで、身体だけでなく心も健康に」。腎臓病学/予防医学/抗加齢学医学/産業医学を専門として活動をしている。



ウェビナーの詳細情報

■日時
12月14日(火)14:00~15:00

■定員
200名

■プログラム
・医師/産業医が研究する心も体も健康で「高パフォーマンス」につなげる仕組みとは?(天野方一先生)
・afterコロナで健康経営に求められる必須アイテム勤怠・タスク分析ツールとは?(エイ・アイ・エス クラウド事業本部 東日本営業部 部長 仲村俊彦)
・健康維持のために企業が社員に提供できる、最先端のデジタルヘルスケアとは?(メディカルノート 執行役員 CEO室室長 水野玲生)

■参加方法
下記にて、申込みを受け付けています。詳細はURLをご覧ください。
https://www.a-i-s.co.jp/kinta/news_column/p2157/
※本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。


株式会社エイ・アイ・エスについて
株式会社エイ・アイ・エスは、20年前からクラウドに特化した勤怠管理システム「ちゃっかり勤太くん」を提供しております。アフターコロナ時代の勤怠管理システムとして、サーマルカメラと連携し、AI顔認証と検温、さらに出退勤を同時に行い、従業員の「健康管理」と「勤怠管理」をワンストップで実現します。またテレワークや現場作業で見えない仕事ぶりを「日報」・「作業報告書」として、勤怠管理と合わせ報告・管理が可能で、従業員やプロジェクトごとの生産性の分析に貢献します。
ホームページ:https://www.a-i-s.co.jp/


株式会社メディカルノートの概要
株式会社メディカルノートは、「すべての人が"医療"に迷わない社会へ」というミッションを掲げ、医師や専門家と協働することで、医療・ヘルスケアプラットフォーム「Medical Note」やオンライン医療相談サービス「Medical Note医療相談」、医療機関向けDX支援SaaS「Hospital Manager」などを提供しています。リアルとデジタルを融合することで医療をより身近なものとし、誰もが最適な医療を選択できるとともに、国や医師、医療従事者だけでなく、すべての人の力で"医療"を支え、発展させ続ける社会を実現します。

会社名:株式会社メディカルノート
設立:2014年10月
所在地:〒105-6414 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー14階
代表取締役CEO:梅田 裕真
代表取締役:井上 祥
事業内容:デジタルヘルスケアプラットフォーム事業・ヘルスケアDX事業
コーポレートサイト: https://medicalnote.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)