広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

ウイルス学の市場規模は、2028年に52億7,648万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ウイルス学の世界市場予測(2028年まで): COVID-19の影響と市場分析(タイプ・アプリケーション・エンドユーザー別)」(The Insight Partners)の販売を12月9日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1032999-virology-market-forecast-covid-impact-global.html




ウイルス学の市場規模は、2021年の41億827万米ドルからCAGR3.6%で成長し、2028年には52億7,648万米ドルに達すると予測されています。ウイルス学は、医療システムの重要な部分を占めており、ワクチン開発、診断、治療法などに幅広く応用されています。また、そのプレーヤーは、市場での競争を維持するために、常に製品の開発に取り組んでおり、製品イノベーションのために様々な可能性を模索しています。

COVID-19に関して、市場関係者はワクチン、検査キット、その他の関連製品やサービスの開発に多大な投資を行っています。例えば、2021年8月、米国食品医薬品局(FDA)は、Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccineとして知られる最初のCOVID-19ワクチンを承認しました。これは、ComiRNAty(Koemir'-na-tee)として販売され、16歳以上のCOVID-19を予防することを目的として、緊急使用許可(EUA)を得て販売しています。このように、製品のイノベーションを通じた市場プレーヤーの積極的な参加と、各国政府の支援が、ウイルス学市場の成長を後押ししています。

低侵襲・非侵襲のエステティック施術の普及

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、インフルエンザウイルス、ジカウイルス、エボラウイルス、SARS-CoV-2、ポリオウイルスなどのウイルスは、世界中の多くの人々に感染しています。また、ウイルスは絶えず変異し、進化しているため、薬剤耐性は人や動物のウイルス感染管理における大きな課題となっています。ウイルスは、その種類に応じて様々な媒体を介して感染します。例えば、インフルエンザ、風邪、呼吸器合胞体ウイルス感染症などの呼吸器系ウイルス疾患の原因となるウイルスは、咳やくしゃみなどで発生する飛沫を介して感染しますが、消化器系ウイルス疾患の原因となるウイルスは、感染者の排泄物に直接触れたり、汚染された食品や水を介して感染するものがあります。UNAIDSの世界HIV/AIDS統計によると、2020年は全世界で3770万人以上がHIVに感染しているとされています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1032999-virology-market-forecast-covid-impact-global.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)