エンタテイメント 医療・医薬・福祉

8児の母・美奈子さんがウエスト-10cmのサイズダウンに成功 共立美容外科にて脂肪吸引手術を受ける様子を収めたドキュメンタリーをYouTube「美奈子ファミリーTV」にて公開

医療法人社団 美人会 共立美容外科
~「一番変わったのは、私の中の気持ち」見た目だけでない変化も語る~

 医療法人社団美人会(本社所在地:東京都渋谷区、理事長:久次米秋人)が経営管理する共立美容外科(以下「共立美容外科」)にてタレント・美奈子さんが脂肪吸引手術を決意してから受けるまでの様子を収めたドキュメンタリー動画の前編を12月11日(土)に、後編を12月12日(日)にYouTubeチャンネル「美奈子ファミリーTV」にて公開します。




 
 


             

 共立美容外科は、1989年の開院以来約30年間脂肪吸引を行っている歴史ある脂肪吸引クリニックで、年間2,000症例※1以上行っています。共立美容外科独自の“共立式KB脂肪吸引”は傷跡が残らないようにするために、共立美容外科が開発し特許を取得した傷跡保護器具“KBシース”や、またいろいろな部位に対応できるように、53種類も開発した脂肪を吸引するカニューレ(吸引棒)を使用しています。

 この度、8児の母でもあり、タレントの美奈子さんに共立美容外科にて脂肪吸引手術を受けていただきました。8人を出産して子育てをする中で体型を戻す時間がなく、年々過去最高の体重を記録し、洋服のサイズが上がっていくのが悩みだったという美奈子さんでしたが、ウエストが10cmもサイズダウンしました。夫の義人さんや子供に背中を押され決心する様子、カウンセリングから実際に手術を受けている様子、そして術後のダウンタイムなど、術前から術後までを密着したドキュメンタリー動画を前編、後編でYouTubeチャンネル「美奈子ファミリーTV」にて公開します。動画内では、術後、痩せて自信を少し取り戻した美奈子さんが「一番変わったのは、私の中の気持ち」と語っています。ダイエットに向かう気持ちも前向きになり、「子供たち、孫たちのためにいつまでも元気でいたい」という目標に向かって、美奈子さんの挑戦はまだ始まったばかりです。

 今後も共立美容外科では、日本に住むすべての人々の「美」に影響を与え、全ての人がもっと楽しく、もっと自信をもって、もっと頑張ることができる日本を実現する為に、患者様の立場に立ったサービスを展開してまいります。
※1 共立美容外科調べ

■動画のストーリー
<術前>

 去年の5月ごろにYouTubeでダイエット宣言をし、過酷な運動にも励み、順調な滑り出しでしたが、その矢先に胆石が発覚。手術を受けた後の無理な運動は禁じられてしまい、リバウンド。また、食事制限が続かない理由には、子供がご飯を食べ残すともったいないと思い、自分で食べてしまう……という、小さな子供がいる母親ならではの悩みもありました。
 最初、脂肪吸引について「怖いイメージもあるにはある」「ずっと入院しなきゃいけない?」と不安がある様子だった美奈子さんでしたが、小さな子供や孫のために長生きしたい、そのために健康的な体型に戻りたいという強い思いがありました。独学のダイエット方法では限界があると感じていたこともあり、脂肪吸引を決意します。



 共立美容外科へ足を運んだ美奈子さん。カウンセリングを担当するのはこれまで1,000件以上の脂肪吸引を手がけてきた名医、磯野智崇医師です。カウンセリングでは、実際に手術に使う器具も見せながら、傷跡の大きさや麻酔、術後の痛みなど不安な部分も丁寧に説明し、体型の近い方の症例写真を見せてイメージを共有します。カウンセリングを終えて美奈子さんは「すごく安心しました!」と不安が取り除けたようでした。

 その日の夜、子供たちに脂肪吸引手術を受けることを告白すると子供たちは「いいと思う!」と賛成してくれました。そして義人さんは「反対はしないよ、ミナがやりたいことを応援するよ」「家のことは心配しないで」と前向きな言葉をかけてくれます。「脂肪吸引をしても、痩せる努力は必要だと思う」と厳しさも見せつつ、美奈子さんの背中を押してくれました。



<手術当日>
 
開始から5時間後、手術は無事終了しました。お腹で3.3L、フェイスラインで200ml、合計3.5Lの脂肪が吸引されました。美奈子さんの麻酔が切れて目が覚めたのは手術から3時間後、3.5リットルの脂肪が取れたことを伝えると「すごい」と感動。さらに、「さっきトイレに行ったら、拭きやすかった(笑)」と早速身体の変化を感じている様子でした。入院はせず、その晩には家に帰ることができました。


<術後>
 11月下旬、手術から1カ月。美奈子さんはダウンタイムも落ち着き、運動も少しずつ再開していました。「顔が小さくなって、痩せた?と言われる」「目が大きく見える」と、さっそく周りからも変化に気づかれるようになったそうです。また、脇腹のお肉がなくなったことで動きやすくなり、家事ひとつひとつのストレスが減りました。ウエストも計測すると、手術前から10cmもサイズダウンしました。フェイスラインは200ml程度とっただけでも腫れぼったさがなくなり、表情も穏やかに見えます。「最近、義人くんとノエル夫妻と一緒にジムにも入会したんですよ!」と家族と一緒に健康に気を遣う生活に戻っていました。

 美奈子さんは「脂肪吸引をやって本当によかった!」と振り返り、変化があったのは見た目だけではなく、「一番変わったのは、私の中の気持ち」と語ります。ダイエットに向かう気持ちも前向きになり、明るくなった美奈子さん。「子供たち、孫たちのためにいつまでも元気でいたい」という目標に向かって、美奈子さんの挑戦はまだ始まったばかりです。

■美奈子さんコメント
 元々痩せ型でスポーツも好きだったのですが、8人を出産して子育てをする中で体型を戻す時間がなく、年々過去最高の体重を記録し、洋服のサイズが上がっていくのが悩みでした。これまでにリンゴダイエットやおでんダイエット、運動をしてみるなど、色んな人から聞いたことを取り入れてみましたが、いろいろやりすぎてぐちゃぐちゃになってしまいどれもうまくいきませんでした。YouTubeでダイエット宣言もしていたのになかなかうまく行かず、諦めかけていたところに今回の話をいただき、光が見えたように感じました。手術前はもちろん不安でしたが、共立美容外科の先生や看護師の方が親身になってくださり、ホッとしました。
 脂肪吸引をしてからは、身体が動かしやすくなったことで家事などの小さなストレスたくさんなくなり、明るくなったし、楽しい毎日になっています。ダイエットに対しても、諦めがちだったのが、最近はジムに入会したりとモチベーションも上がりました。今までは男性のXLサイズばかり着ていましたが、スカートを履いたりできるようになり、子どもが「かわいいね」と言ってくれるようになり、嬉しかったです。
 年齢を重ねるごとに、顔のたるみが気になってきているので、リフトアップなどもやってみたいと思っています。育児で忙しかったけれど、もう一度女性であるということを忘れずに色々とやってみたいです。

■美奈子さんプロフィール
2011年『テレビ朝日痛快!ビッグダディ』で、注目される。壮絶な半生を綴った、自伝『ハダカの美奈子』は累計発行部数23万部を突破。以降様々なタレント活動を経て、2019年10月にYouTube「美奈子ファミリーTV」を開始。現在は8人の子供と2人の孫を持つ。

美奈子ファミリーTV:https://www.youtube.com/channel/UC4y3TWIq94xMa81o7NdF_5g

■共立美容外科について
 共立美容グループは1989年の開院以来、33年の歴史を持ち、全国に26院を展開している美容クリニックです。「クオリティの高い、患者様の立場に立った最新の美容医療を提供する」を開院以来の信念に掲げ、現在もその姿勢を貫いております。

 美容外科や美容⽪膚科、審美⻭科など、幅広い診療科目に対応したトータルプロフェッショナルクリニックとして、患者さまの夢の実現に向け、全スタッフが常に最高のクオリティで対応させていただいております。また、2017年に学校法人早稲田大学と業務提携しております。毎年、大学院経営管理研究科にて提携講座を開講し、美容医療にとどまらず、感性やファッション、ライフスタイルに関わる全ての美容産業における持続的なイノベーションの形成に貢献することを目指しています。

URL:https://www.kyoritsu-biyo.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)