広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

クロマトグラフィーソフトウェアの市場規模、2027年に16億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「クロマトグラフィーソフトウェアの世界市場:展開別、用途別、タイプ別、地域別の展望、業界分析および予測(2021年~2027年)」(KBV Research)の販売を12月13日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/kbv1037549-global-chromatography-software-market-by.html




クロマトグラフィーソフトウェアの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR9.7%で成長し、2027年には16億米ドルに達すると予想されています。クロマトグラフィーは、連続した固定相として知られる移動する流体の流れと移動相の間に分布する各成分や溶質の相対的な量に基づいて、混合物のさまざまな成分を分離する手順です。固定相は固体または液体であり、移動相は液体または気体の場合があり、バイオテクノロジー、製薬、食品製造、遺伝子工学、診断、創薬・水質分析など、業界の数多くのアプリケーションで広く利用されています。

さらに、この技術は生物物理学的に重要な技術の一つであり、定性・定量分析のために混合物中の様々な成分の同定、分離、精製に役立ちます。この技術により、タンパク質は、総電荷、サイズと形状、表面に存在する疎水性基、固定相との結合能力などの特性に基づいて精製されます。タンパク質の精製には、カラムクロマトグラフィーが広く採用されています。

クロマトグラフィーソフトウェア市場の成長は、従来のソフトウェアよりも採用が増加していることにより、需要が急増しています。また、非常に複雑な化合物を分離するためのクロマトグラフィー技術の需要が多くの産業分野で高まっていることも、市場の成長とクロマトグラフィーソフトウェアの成長を後押ししています。一方、このクロマトグラフィーソフトウェアに付随する高い設備コストが、市場の成長を妨げると推定されます。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、全世界の医療分野のワークフローに影響を与えました。パンデミックの状況下で、数多くの産業が一時的な操業停止を余儀なくされました。一方で、液体クロマトグラフィーを含むクロマトグラフィー技術のようなさまざまなサービスやツールの需要にはプラスの影響を与えています。クロマトグラフィーは、研究者がSars-CoV-2ウイルスを理解し、ワクチンや治療法、COVID-19と闘うための診断ツールを開発する上で、効果的な実験分析手法となります。

市場の成長要因

様々な分野でのクロマトグラフィーのアプリケーションの増加

化学、製薬、環境試験室、食品、科学捜査など、さまざまな分野でクロマトグラフィー技術の利用が増加しており、今後数年間で市場に新たな成長の道が開かれると予想されます。さらに、創薬の過程でクロマトグラフィー技術が多く採用されていることも、同市場の成長を促進しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/kbv1037549-global-chromatography-software-market-by.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)