医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

デジタルを活用した、学生が地域課題の解決を目指す最前線「下関市スマートシティ介護デジタルハッカソン」12月18日(土)にソリューション企画発表イベントを開催

NPO法人STEM Leaders
主催:下関市スマートシティ推進協議会 共催:下関市、STEM Leaders


STEM Leadersは学生主導の地域課題解決の方法論を元に、下関市をフィールドとして、介護の課題解決を地元の学生、介護事業者、IT事業者、行政関係者が密に連携して推進する「下関市スマートシティ介護デジタルハッカソン」を運営支援しています。STEM Leadersの学生メンターが触媒となってステークホルダーの繋がりを意識し、課題の深掘りからソリューションづくりを推進しています。10月にキックオフを行い、12月にソリューション企画案発表、1月に試作品を含めた最終発表を予定しています。ソリューション企画案発表会を2021年12月18日(土)13時に下関市役所本庁舎5階大会議室で行います。

「下関市スマートシティ介護デジタルハッカソン」には、山口県内の大学生のほか、地元企業に勤める若手社会人など約30名が6名程度のチームに分かれて参加しています。本年10月のキックオフ以来、地元介護現場の視察やヒアリングを行い、解決すべき介護課題の特定と、デジタルを使った解決策のアイデアを磨き上げてきました。今回のソリューション企画発表では、解決すべき介護課題に対して、実現可能なサービス、ソリューション(解決策)案を発表します。

超少子高齢化が進む日本では、要介護者が増える一方で、介護の担い手が減っていることが大きな課題となっています。これを解決するには、若者が自分ごととして介護に関わっていくこと、デジタルを活用して効率化を進めることが必要です。下関市においても、労働人口の減少、若者の流出などにより、介護に関わる問題は大きな課題となっています。そんな中、若い世代が主体となって町の課題を解決していく、「次世代の街づくり」を進めたい下関市スマートシティ推進協議会および下関市と、大学生が社会課題の現場と接しながら、実践的な課題解決に取り組むという STEM Leaders の活動意義が合致することで下関市での介護デジタルハッカソン開催が実現しました。この取り組みは、 下関市のスマートシティ活動の一環として行われるもので、今回のソリューション企画発表イベント終了後は、 2022年1月の最終審査に向けて、より具体的に、ITや人工知能(AI)、IoT技術などを使った解決策のデモ作成を進めます。最終審査の上位入賞チームは、課題解決のアイデア試作品を元に、下関市や介護関連事業者と連携しながら事業化を目指します。

参加している学生は、「介護家族の食事介護の負担を減らすという課題をデジタルで解決したいと考えています。先月のアイデア発表イベントでは、自分たちのアイデアの実用性を高めるためのフィードバックを審査員からいただきました。介護関係者の声なども参考にしながら、現場の一助になるような実現性のあるソリューション企画に完成度を高めていくため、チームメンバーと開発を進めています。」と話しています。

12月18日のソリューション企画発表イベント当日は、ご取材のほか、「介護ハッカソン」を運営するSTEM Leadersから、プログラムの意義や背景についての個別取材も可能です。ご取材、情報収集の機会としてご検討いただきたく、ご案内申し上げます。

詳細については、下記をご覧ください。

●イベント開催概要:ソリューション企画発表
日時:2021年12月18 日(土) 13時~16時
場所:下関市役所本庁舎 5階大会議室
〒750-8521 下関市南部町1番1号
内容: 各チームからの介護課題解決策ソリューション案の発表と審査員による講評


●下関市スマートシティ介護デジタルハッカソン実施概要
介護領域の人材不足など、介護領域の課題解決に、下関の将来を担う若者の発想力・実行力を活かすための、下関市で初めてとなるイノベーション創出型ハッカソン。居宅・居住型施設における要介護者・介護家族・介護スタッフの問題の解決に向けて、若者が一丸となってデジタルやデザインの力でアイデアおよびソリューションを創出します。

期間:  2021年10月16日(キックオフ)~2022年1月22日(最終審査)
参加者:山口県の大学生・若手社会人30名以上
主催: 下関市スマートシティ推進協議会
共催: NPO法人STEM Leaders、下関市
後援: 特定医療法人茜会、株式会社セービング、株式会社etika、有限会社チェレスティアーレ、合同会社UTAGE.WORKS、下関市立大学、梅光学院大学
開催概要詳細:
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/seisaku/kikaku/win/src/index.html
これまでの活動報告:
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1631493124613/index_k.html
※新型コロナウイルス感染防止対策を講じて開催いたします。


●今後のスケジュール
最終審査会・表彰式 ― 2022年1月22日(土)、下関市内


NPO法人STEM Leadersについて
STEM Leadersは2016年に設立した学生団体で、STEM(科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学)を活用した問題発見・課題解決をすることができるリーダーを育成する団体です。現在は、理系・文系問わず、慶応義塾大学・早稲田大学・津田塾大学・会津大学・東京理科大学・横浜国立大学・などの計12校、36名の、様々なバックグラウンドをもった大学生が所属しています。自治体や大学と連携した、実データの分析から行政への提言までを行う、社会課題解決プロジェクトを自主的に推進しており、中でも「介護デジタルハッカソン」は、2018年の神奈川県横浜市、2019年の福島県会津若松市に続く、第3回目の実施です。総合コンサルティング会社であるアクセンチュア株式会社が、イノベーション創出型STEM人材の育成に向けた社会貢献活動の一環として支援しています。STEM Leadersについては npo-stemleaders.comまたは note.com/stemleaders をご覧ください。


アクセンチュアの社会貢献活動について
アクセンチュアは、より持続可能で責任ある世界経済の実現に向け、クライアントやパートナー、地域コミュニティと協力しながら社会的課題の解決に取り組んでいます。なかでも事業活動を通じて培った「人材のスキル発揮を高めるノウハウ」を活かし、企業市民活動において全世界でSkills to Succeed(スキルによる発展)と呼ぶ統一テーマに取り組んでいます。「2025年度までに500万人に対してスキル向上の機会を提供すること」を新たな目標に掲げ、高い実行力を持ったNPO組織と協力して、 各国・地域固有の実情に合わせて選択した“人材スキル向上”に関わる諸テーマを推進していきます。活動にあたっては社員の直接参加を重視しており、取り組みの企画から実行まで、多様な専門知識をもった多くの社員が主体的に参画しています。社員の「時間とスキル」の積極的な提供を通じて、標準化、IT活用、定量的管理、継続的改善といったさまざまなビジネスの手法を社会課題解決の領域に持ち込み、社会的インパクトを最大化することが私たちのミッションであると考えています。アクセンチュアの社会貢献活動については www.accenture.com/jp-ja/about/corporate-citizenship/skills-succeed をご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)