ネットサービス・アプリ 美容・健康

薬剤師に健康関連のアドバイスをチャットで相談できる福利厚生サービス薬剤師チャット「Olive(オリーブ)」12月15日より提供開始

アスノシステム株式会社

 国内最大級の貸会議室サイト「会議室.COM」を運営するアスノシステム株式会社(東京都港区/代表取締役社長 齋藤 武育/以下、「アスノシステム」)は、全国の薬剤師にオンラインチャットでヘルスケアや症状改善の相談をすることができる福利厚生サービス、薬剤師チャット「Olive」を12月15日より提供開始することをお知らせいたします。

■開発背景
 近年、テレワーク勤務の普及により、社員の顔が見えにくくなり、健康状態を把握することも難しくなりました。また、核家族化や単身者の増加よる影響で孤立など、メンタルヘルス対策が社会問題にもなってきています。
 アスノシステムが2021年11月に実施した「健康関連の福利厚生サービスについての実態調査(※) 」 では、会社の福利厚生に「社員の健康をサポートするサービスがない」と答えた人が38%もいました。しかし一方で、約80%の方が「健康をサポートする福利厚生がある会社を魅力的である」と回答しています。さらに勤務時間中に体調不良と感じた時、自身の体調を相談できる方の有無を調査したところ「相手がいない」と答えた人が約20%もいることが判明しました。今は相談する相手がいなくても「気軽に聞ける医療関係の専門家」がいたら、相談したいという方が多いこともわかりました。
 これらのヘルスケアの課題から、企業が働き方改革の一環として社員の健康をサポートする必然性があると考え、本サービスの提供にいたりました。

※健康関連の福利厚生サービスについての実態調査リリースURL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000024100.html


■サービス概要
 全国の薬剤師にオンラインチャットでヘルスケアや症状改善の相談をすることができる福利厚生サービス、「薬剤師チャットOlive」。
 自身の健康課題やライフステージにおける悩み事など、町の薬局で相談する感覚をオンラインチャットで気軽に利用することができます。
 また、薬剤師とのクローズドなやりとりの為、一人一人に寄り添った症状改善や予防医学の提案、服薬指導などを受けることができます。
 オンライン診療や専門薬剤師など、個人で利用するにはハードルが高いと感じている方でも、会社が取り入れる福利厚生サービスのため、気軽に利用・相談が可能です。

▼仕組み
・福利厚生として企業が登録
・ユーザー(従業員)登録後、薬剤師にチャットで相談を投稿
・対応可能な専属薬剤師が順次対応し、ヒアリング⇒提案⇒解決を実施
・提案された薬品を直接購入することも可能
※「Olive」はチャットサービスの為、決済や配送機能は備わっておりません。ご購入時はWeb決済や銀行振込など各薬局、薬剤師ごとのご対応に準じております。

 本サービスを展開することで、ヘルスケアの普及・促進を期待し、場所を問わないチャットサービスは全国的な経済活性化にも繋がると考えています。アスノシステムは、明日を創造する企業として、持続可能な社会づくりに貢献するサービスをご提供いたします。

▼料金
 ・基本プラン(税抜き)

※月末時点でのアクティブアカウント(登録数)に応じて、毎月費用が変動
※年間契約プランにてアカウント上限に達した場合は、翌月より満了日まで繰り上がりのプランになります
※500名様以上の場合は、別途ご相談ください。


■薬剤師チャット「Olive」
 ・概要:企業の福利厚生としてユーザーと薬剤師を繋げるチャットサービス。
     全国の薬剤師に相談を投げて、症状改善や予防医学の提案、服薬指導などを受けることができます。

 ※お問い合わせはURLよりアクセスできます
  ・お問い合わせ:https://c-olive.jp/contact


【アスノシステム株式会社 会社概要】


会社名  :アスノシステム株式会社
代表者  :代表取締役社長 齋藤 武育
本社所在地:東京都港区高輪二丁目16番37号 高輪JEBL 2階
設立年月日:2009年9月1日
資本金  :1億円
URL   :https://asno-sys.co.jp (コーポレートサイト)
事業内容 :システム開発事業 / オフショア開発事業 / SES事業 / Webインテグレーション事業 /
      MVSソリューション事業 / Webサービス事業 / ERPパッケージ販売・保守
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)