医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

『ICF Business Acceleration Program2021』にて、救急医療情報サービスSmart119が、オーディエンス賞を獲得!

株式会社Smart119
社会課題「救急搬入困難者」の解決に対し、多くの共感を得る

千葉大学発医療スタートアップ企業である株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、未来創造イニシアティブ(運営:株式会社三菱総合研究所)のアクセラレーションプログラム「ICF Business Acceleration Program 2021」において、同社の「救急医療情報サービス『Smart119』」(特許第6875734号)が、オーディエンス賞を受賞したことを報告します。



表彰式にて、トロフィーを手にする当社代表・中田孝明(右)

株式会社三菱総合研究所が運営する、未来共創イニシアティブ(Initiative for Co-creating the Future、以下 ICF)は、「社会課題の解決策をマルチステークホルダーによるオープンイノベーションで共創・社会実装し、コレクティブインパクトを創出する」を目的に、企業・団体540の会員を有する共創活動団体です。

2021年10月にファイナリストに選出されました。12月10日に最終審査会が開催され、「未来型救急情報サービスSmart119による救急搬送の効率化の提案」についてプレゼンテーションを行い、オンライン視聴者投票で第1位に選ばれ「オーディエンス賞」を受賞しました 。

「救急搬入困難者」(いわゆる「救急のたらい回し」)は、解決すべき社会課題です。私たちは、急性期医療に不可欠である「適切な病院の選択」「早急な搬入」「搬入後の迅速で正確な対処治療」を支援するシステムとして、「救急医療情報サービス『Smart119』」を救急・医療現場から開発しました。暮らしの中の課題に対する有望な解決策であり、地域医療の強化に繋がることに、多くの方々から評価をいただきました。
この度の「オーディエンス賞」受賞は、当社の経営理念「安心できる未来医療を創造する」を具体化し、社会実装した実績、そして将来性が評価された成果です。また、医療にある社会課題の解決へ取り組む、私たちの事業に共感を得た結果であると考えています。

今後も、ICFのオープン/マルチステークホルダー・ネットワーク基盤および三菱総合研究所との共創から、次世代に備えた戦略を持ち、開発力と事業力を高めます。安心と信頼ある医療を、生活者へ届けることを目指し、私たちは取り組んでいきます。

<短期目標(~2年)>
●消防シェア2%
●一部地域でのサービス導入
 ・20自治体での実証実験
 ・10消防での正式導入
●導入効果の見える化と認知向上

<中期目標(3~5年)>
●消防シェア10%
●サービス導入地域の拡大
●導入先での救急業務の改善
・救急搬入時間の短縮10分(現状は39分)
・作業労務の軽減3割

<長期目標(6~10年)>
●消防シェア40%
●サービス全国展開+海外展開
●新たに、AI/ロボット利用による救急搬送業務自動化を推進し、さらなる作業労務の軽減

◆オーディエンス賞について(三菱総合研究所ニュースリリースより)
ファイナリスト7チームが、最終審査会会場でリアルのプレゼンテーションを行い、ICFのアドバイザー5名および当社審査員による厳正な審査を実施。
提案者:株式会社Smart119
提案タイトル:未来型救急情報サービスSmart119による救急搬送の効率化の提案

◆三菱総合研究所ニュースリリース
「ICF Business Acceleration Program2021」受賞者決定
https://www.mri.co.jp/news/press/20211214.html

◆関連プレスリリース
・2021年10月5日
【最終審査進出者に決定】「ICF Business Acceleration Program 2021」にて、救急医療情報サービス「Smart119」が、社会課題解決に有望と評価
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000056624.html

・2021年5月25日
救急出動支援システム「Smart119」が特許を取得
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000056624.html

・2020年7月20日
千葉市消防局が「Smart119」システムを本運用開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000056624.html

◆Smart119紹介ムービー
・次世代119通報システム「Smart119」
https://youtu.be/mebOF-Otv4g

・Smart119の紹介[日本語字幕]
https://youtu.be/QOJe9Gaq_so

◆株式会社SMART119:企業紹介ムービー
・【Smart119企業ムービー】「誰もが安心できる未来医療を目指して」
https://youtu.be/Q-vnHIIBGgE

<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発スタートアップ」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時をはじめ、医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。


【株式会社Smart119概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)