広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

マイクロコンピューター断層撮影の市場規模、2027年に3億4,250万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「マイクロコンピューター断層撮影の世界市場:製品別、用途別、地域別の展望、業界分析および予測(2021年~2027年)」(KBV Research)の販売を12月15日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/kbv1037677-global-micro-computed-tomography-market-by-product.html




マイクロコンピューター断層撮影の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR10%で成長し、2027年には3億4,250万米ドルに達すると予測されています。マイクロコンピューター断層撮影では、X線を用いて2次元の平面画像からなる3次元画像を作成し、それを3次元モデルに処理および再構成します。一般的には、3D X線、マイクロトモグラフィー、マイクロCTイメージングとして知られており、病院で行われるCTスキャンと似ていますが、マイクロコンピューター断層撮影の方が小規模で、解像度は向上しています。

さらに、マイクロCTは骨格構造の優れた断面画像を提供するため、非常に長い間、骨構造の評価に利用されてきました。一般的には、骨粗鬆症などの骨疾患の診断や、ビスフォスフォネートなどの治療薬の効果を分析するために利用され、さらに、がんの生物学的研究にも使用されています。軟部組織のマイクロCTスキャンは、新しい造影剤の開発により、心臓血管や肺の研究での利用が増加しています。

このようなアプリケーションの増加や、3Dレンダリングが可能な技術的に高度なシステムへの需要の高まりなどの要因が、今後のマイクロコンピューター断層撮影市場の成長を促進すると考えられます。さらに、製品機能の向上と高い買い替え率が、市場の成長を促進すると予想されます。マイクロコンピューター断層撮影システムの機能が追加されたことにより、潜在的なアプリケーションが増加しています。


COVID-19インパクト分析

COVID-19のパンデミックは、イメージングデバイスの製造が減少したため、マイクロコンピューター断層撮影市場にも影響が及びました。また、労働力の制限、製造ユニットの一時的な禁止、輸出入の禁止など、ビジネス領域に多くの規制が課せられたことも、マイクロコンピューター断層撮影市場の成長にマイナスの影響を与えました。

市場成長の要因

ヘルスケアベンダーや政府による研究開発費の増加

世界各国で多様な病気が蔓延していることから、政府は研究開発活動に多額の投資を行うようになりました。ヘルスケアベンダーの中には、より高度なマイクロコンピューター断層撮影装置やツールを開発するために研究開発への投資を増やしているところもあり、今後の同市場の成長を支えると考えられます。さらに、さまざまな業種の企業が研究開発活動に費やす費用が増加していることも、マイクロコンピューター断層撮影の需要が拡大する一因となっています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/kbv1037677-global-micro-computed-tomography-market-by-product.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)