美容・健康 流通

手軽に水素補給!「高濃度水素ゼリー アスリート」リニューアル!スポーツのおともに、お休みの前にも!

株式会社新菱

株式会社新菱(所在地:福岡県北九州市、代表取締役:江藤俊郎)は、Shinryo Healthcareブランド「高濃度水素ゼリー」シリーズの「高濃度水素ゼリーアスリート」を2021年12月22日(水)よりリニューアルして全国発売します。(https://shinryo-healthcare.com/
Shinryo Healthcare 高濃度水素ゼリーアスリート

運動のおともとして、お休みの前に、お目覚めのときに・・・
体調やライフスタイルにあわせてお好みのタイミングで手軽に水素を体に取り入れることができます。
1日1~3本を目安にお召し上がりください。

《商品特長》
・体にやさしい「人工甘味料不使用」
・肌や筋肉などを支える「エラスチン」を250%(*1)に増量!
(*1 高濃度水素ゼリーアスリート従来品より)
・トップアスリートも安心して食べられる! 「インフォームドスポーツ」取得
・1本10gのスティックゼリーの中に水素水1リットル分(*2)の水素
 (*2 高濃度水素ゼリー(水素濃度40ppm)、市販水素水(水素濃度0.4ppm)の場合)
・お休み前でも食べやすい、1本あたり6.7kcal

食べやすいスティックゼリー



体にやさしい「人工甘味料不使用」

2020年の発売後、Shinryo Healthcareの主軸商品である「高濃度水素ゼリーアスリート」。
スポーツや運動を愛する方を中心にクチコミで販売を拡大してきました。
どんな方にも安心して召し上がっていただけるよう、従来品から配合を見直し人工甘味料を不使用にしました。



肌や筋肉などを支える「エラスチンを250%*に増量」

(*高濃度水素ゼリーアスリート従来品より)
エラスチンはコラーゲンを束ねるのに重要な役割を果たすタンパク質です。
豚やカツオの一部に含まれる成分で、普段の食事から摂取することが難しい成分です。
「高濃度水素ゼリーアスリート」は従来品の250%までエラスチンを増量しています。
運動の習慣がある方はもちろん、運動習慣のない方にもおすすめです。さわやかなライチ風味。



トップアスリートも安心して食べられる! ”インフォームドスポーツ”取得

Shinryo Healthcareの「高濃度水素ゼリー アスリート」はどの競技のプロアスリートにも安心して召し上がっていただけるよう、インフォームドスポーツを取得しています。
「インフォームドスポーツ」は化学・バイオ分析企業の英国LGC社が手掛けるアスリート向けサプリメントを対象としたアンチドーピング認証プログラムです。
認証を取得した製品には販売前の分析試験が全ロットに義務付けられます。
サプリメントの品質を認証する側面もあり、認証を受けるには複数ロット、複数サンプルの製品分析試験に加え、製造工場の品質管理及びドーピング禁止物質混入防止を眼目とする厳密な品質管理について審査を受ける必要があります。


◆「高濃度水素ゼリー」シリーズ
「高濃度水素ゼリー」は美しくなりたい方、健康になりたい方をターゲットに、水素を手軽に美味しく取り入れられることを目指したブランドです。
アルミパウチ入りのゼリーでタイミングを問わずいつでもどこでも食べられる形状と飽きないフレーバーが特長です。
美容タイプ/アスリート/vegeの3種類で展開。


◆特許技術で水素をゼリーに閉じ込め、手軽に取り入れやすく!
「高濃度水素ゼリー」シリーズは独自の特許技術でアルミパウチ入りのゼリーに水素を閉じ込めています。
ポーチやカバンに入れて持ち歩きしやすく、開けてそのまま食べられるのが特長です。
販売中の「高濃度水素ゼリー」美容タイプ/アスリート/Vege に共通して、1本のゼリー(10g)の中に市販の水素水1リットル分の水素を含んでいます。
※高濃度水素ゼリー(水素濃度40ppm)、市販水素水(水素濃度0.4ppm)の場合


◆商品概要
商品名:高濃度水素ゼリー アスリート
希望小売価格:5,940円(税込)
内容量:10g×31本
製造国:日本
発売日:2021年12月22日(水)

Shinryo Healthcare公式通販サイトのほか、楽天、amazonでも販売。
入数違いの100本入りもございます。

◆Shinryo Healthcare公式通販サイトはこちらから
https://shinryo-healthcare.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)