美容・健康 流通

シリーズ累計60万本突破!※ ナイアシンアミド配合でシミ・シワ・肌荒れを同時にケアする「shimaboshi(シマボシ) Wリペアセラム・Wリペアショット」価格改定を実施

株式会社tattva

D2C化粧品事業を展開する株式会社tattva(本社:東京都 代表取締役社長:高瀬 大輔)は、2021 年12月16日(木)より、「shimaboshi(シマボシ) Wリペアセラム・Wリペアショット」の価格改定を実施します。Wリペアセラムは8,500円(税込)から新価格3,630円(税込)、Wリペアショットは4,200円(税込)から新価格3,300円(税込)にて販売します。公式オンラインショップの他、新たにAmazon、楽天市場でもご購入いただけます。
https://shimaboshi.jp/wss



※2019年2月18日~2021年12月3日時点のshimaboshiシリーズ累計出荷個数(自社調べ)

本商品は、「シミもシワも気になる!でもいろいろなアイテムを買いそろえて使うのはお金も時間もかかるから難しい!」そんなお客様のお声から、たった2つでシミ・シワのお手入れが完了するアイテムとして誕生しました。2021年8月に発売して以来、「とろりとした質感の美容液で肌に馴染む感覚が心地よく手放せないアイテム」、「スティック式のショットが気になる笑いジワ部分にも塗りやすい」等、多くのお客様にご支持をいただき、想定を上回る好調な推移を続けております。その結果、生産効率が向上し製造コストの低減が可能となりました。乾燥が気になるこれからの季節により多くのお客様にお試しいただけるよう、価格改定を実施します。

【特長成分】
ナイアシンアミド


ナイアシンアミドは、「美白※1」と「シワ改善」の2つの効果効能を持つ医薬部外品として厚生労働省から認可を受けた医薬部外品成分です。メラニンを肌へ取り込まれにくくして、未来のシミ※2をSTOP。真皮層のハリを保つ部分にアプローチすることで、深いシワの改善も期待できます。


【商品概要】
Wリペアセラム




商品特長:
シミ※2・シワ・肌荒れを同時にケアする薬用トリプル処方を採用した薬用美容液。肌にとろりと溶け込むテクスチャーが心地良く、べたつきなく肌をしっとりとうるおします。化粧水の後、顔全体~首にかけてなじませます。部分ケアができるWリペアショットとの同時使用がオススメ。土台ケアとして全顔用にご使用ください。


製品名:シマボシ Wリペアセラム(薬用美容液)【医薬部外品】
新価格:8,500円(税込)→ 3,630円(税込)
容量:24mL(約1ヶ月分)
有効成分:ナイアシンアミド、グルチルリチン酸ジカリウム
フリー:石油系界面活性剤・鉱物油・アルコール・パラベン・シリコーン・着色料・香料
試験:パッチテスト済 ※3


Wリペアショット



商品特長:
Wリペアセラムの成分をギュッと凝縮したスティックタイプの美容液。高濃度のビタミンC誘導体や美容成分を贅沢に配合しました。気になるお悩み箇所へ長時間浸透し続けるタイムリリース処方を採用。朝までしっかり肌にしっとり感が残る使い心地にもこだわりました。光を味方につける成分配合で、日中の乾燥ケアやメイク直しにもお使いいただけます。スキマ時間にもさっとひと塗り、スポットケアとして、気になるお悩み部分にご使用ください。


製品名:シマボシ Wリペアショット(スティック状美容液)
新価格:4,200円(税込)→ 3,300円(税込)
容量:3g
フリー:石油系界面活性剤・アルコール・パラベン・シリコーン・紫外線吸収剤・香料
試験:パッチテスト済 ※3

※1:メラニンの生成によるシミ、そばかすを防ぐ
※2:メラニン生成による
※3:全ての方に皮膚刺激が起きない、刺激感がないというわけではありません


【会社概要】
社名:株式会社tattva(タットワ)
所在地:150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-21-1 SHIBUYA SOLASTA 3F
代表者:代表取締役 高瀬大輔
設立:2011年3月10日
資本金:90,000,000円
事業概要:自社化粧品ブランド「shimaboshi」「peorina」の企画・販売
ブランドサイト:http://www.tattva.jp/shimaboshi/
コーポレートサイト: https://tattva.co.jp/

【お問合せ先】
フリーダイヤル:0120-726-023 (9:00-18:00 祝日を除く)
メールアドレス:support@shopmail.tattva.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)