医療・医薬・福祉

新型コロナウイルス オミクロン変異株の効率的な検出に有効な「E484Aプライマー/プローブセット」に関するお知らせ

日水製薬株式会社
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々および関係者の皆様に、謹んでお見舞い申し上げますとともに、医療従事者、行政をはじめ感染の拡大防止にご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。 この度、日水製薬株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長執行役員:小野徳哉)は、株式会社島津製作所(本社:京都府京都市、代表取締役社長:上田輝久)が開発した、新型コロナウイルス変異株が保有するE484A変異をPCR検査で検体から検出できる「E484Aプライマー/プローブセット」(研究用試薬)を取り扱うこととなりました。新型コロナウイルスの検出で利用されている「新型コロナウイルス検出試薬キット」(研究用試薬、昨年4月発売)をベースに開発した「新型コロナウイルス変異検出コアキット」(研究用試薬、今年5月発売)と組み合わせ、唾液や鼻咽頭拭い液からリアルタイムPCR装置を使用して検出ができます。当社は今年12月下旬より一部の研究機関から「E484Aプライマー/プローブセット」の受注を開始します。


E484A変異は新たな変異株、オミクロン株の一部でみられ、ワクチンの効果に影響する可能性があることが指摘されています。また、オミクロン株は、アルファ株で見られたN501Y変異を有し、デルタ株で見られたL452R変異を持たないことが知られています。当社では、既に株式会社島津製作所製「N501Yプライマー/プローブセット」(今年5月)と「L452Rプライマー/プローブセット」(今年7月)を発売しています。これらの製品と併用することで、効率的なオミクロン株の検出に貢献します。
株式会社島津製作所のPCR検査の試薬キットは、従来必要とされる煩雑な核酸(RNA)の抽出・精製工程が省けるため、検査に要する人手を削減でき、かつ2時間以上かかっていた検査の全工程を半分となる約1時間に短縮できます。また、手作業が少なくなるため、人為的なミスの防止にもつながります。検査業務に携わる人の作業負荷の軽減に寄与します。

注意:「新型コロナウイルス変異検出コアキット」および各種「プライマー/プローブセット」は研究用試薬です。医薬品医療機器等法に基づく体外診断用医薬品あるいは医療機器として承認・認証等を受けておりません。治療診断目的およびその手続き上での使用はできません。本製品の使用には、リアルタイムPCR装置や分注ピペット、恒温槽、小型遠心機を始めとする機材や、試料・遺伝子の取り扱い技術を要するため、ドラッグストアなどの小売店や個人への販売はいたしません。なお、「遺伝子解析装置 AutoAmp」には対応しておりません。

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)